ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シナリオアート、大雨のなか文字通り「Happy Umbrella」なワンマン開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月3日、東京・恵比寿リキッドルームにてシナリオアートのワンマンライブ「Scene#1 -Happy Umbrella-」が開催された。

このライブは先日発売された1stフルアルバム「Happy Umbrella」のリリースツアーで、初めて全国8箇所でのワンマンを開催したのちのツアーファイナルとなる。

無類の雨バンドと公言する彼ららしく、当日はどしゃぶりの雨。そんな中、彼らの「Happy Umbrella」を求めて、心待ちにしたファンが早くから詰めかけた。リキッドルームのステージや天井には傘が埋め尽くされる装飾がほどこされ、会場には雨音のBGM。すでに幻想的な空気が漂う中、開演予定から10分ほど押しライブがスタート。

1曲目は「ナイトフライング」。これからシナリオアートの夜の逃避行とばかりに会場のボルテージは一気に駆け上がる。その後「アオイコドク」や「シュッシュポップ」などテンポ感のいい曲が続き会場は明るい雰囲気に包まれたかと思うと、G&Voハヤシコウスケの「音の波に呑まれて一緒に踊ろう」の一言で、会場の照明が落ちエレクトロゾーンに突入。「ウォーキングムーン」「チェーンスモーク」などディープな音像で楽しませる。

インディーズ時代からの代表曲「ホワイトレインコートマン」や死を匂わせるリリックで心を掴む「フユウ」等、さまざまな色をみせながらライブは後半へ進んでいき、本編ラストは「ナイトレインボー」。夜空に虹をかけるなんて不可能なことだけど、それくらいの奇跡を起こしたいという願いを込め、夜空に向かって会場全体がシンガロングした。

アンコールは「ワンダーボックスⅡ」。リキッドルームはシナリオアートがデビューのきっかけを掴んだ思い出の場所でもあり、途中メンバーが思いを語る場面もありながら、全体的に多幸感に包まれたシナリオアートワンマンとなった。

当日の模様、また全国ツアーの様子は、7月11日にJ-WAVE「Galaxy ALL AREA PASS」(20:00〜20:54)にてオンエアされる。

photo by 佐藤 広理

「Scene#1 -Happy Umbrella-」セットリスト
01. ナイトフライング
02. アオイコドク
03. シュッシュポップ
04. トウキョウメランコリー
05. ハロウシンパシー
06. トゥインクリンピーポー
07. モウモクカクメイ
08. パラレルルル
09. ウォーキングムーン
10. チェーンスモーク
11. ホワイトレインコートマン
12. サヨナラコウコツ
13. ブロークン
14. フユウ
15. ハイスイコウノサキニ
16. ウォーターサイドフェアリー
17. スペイシー
18. ナイトレインボー
En. ワンダーボックス II

番組情報
J-WAVE「Galaxy ALL AREA PASS」
放送日時:7月11日(土)20:00〜20:54

関連リンク

シナリオアート オフィシャルサイト:http://www.scenarioart.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP