ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箭内道彦監督作、映画『ブラフマン』が満席続出の大ヒット!主題歌「其限」も爆売れ中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BRAHMANのノン・フィクション映画『ブラフマン』が7月4日(土)より新宿バルト9ほか全国12劇場にて上映がスタートし大ヒットスタートを切った。
 

メイン館である新宿バルト9では、バンドTシャツに身を包んだ観客が多く集まり、土日共に満席の回が続出、好評を博した。

本作は、これまであまり語られることのなかった孤高のバンドBRAHMANの内面に箭内道彦ならではの視点で切り込んだノン・フィクション作品。初代メンバーへの思い、家族や、古い友人の言葉、そして2年10ヶ月ぶりの新曲「其限 ~sorekiri~」が作られる過程を通して、「人と人が共に生きていくこと」を問いかける。また、7月1日(水)に発売された主題歌の「其限 ~sorekiri~」もオリコンデイリーラインキング5位になるなど、20周年を迎えなおBRAHMANの勢いはとどまるところを知らない。

鑑賞後のtwitterコメントも熱を帯びたものが多く、「映画を見てから主題歌がすごく特別な曲になった」や、「ますますBRAHMANのことが大好きになった」「あと15回くらいみたい!」など、賑わいを見せている。なお、2週目の7月11日(土)には、「”PASS”風布ステッカー」が先着鑑賞者プレゼントとして全劇場で配布される予定だ。2週間限定という短い期間での公開となるので、早めに劇場でチェックしよう。

孤高のバンドBRAHMAN、初めて知るブラフマン。そして稀代のクリエイティブディレクター箭内道彦。これまで、映画監督としてのオファーを固辞し続けて来た箭内が、「僕が知っている、ブラフマンの、愛すべきあの4人を、ただスクリーンに映すことであればできる」と、イレギュラーなものとして受託した最初で最後の監督作。4人との交友の深い箭内が見るBRAHMANの「人間」としての素顔。バンドの今、過去、未来。初代メンバーへの思い、家族や、古い友人の言葉も織り交ぜ、「人と人が、生きていくこと」を問いかける。箭内がたった1台のカメラに収めたブラフマンとは?ノン・フィクションの「ブラフマン」が解禁される。

https://youtu.be/1whMXP0BNjQ

https://youtu.be/jx-gqVt8Z_k

映画『ブラフマン』は絶賛公開中!!

(C)2015 映画「ブラフマン」製作委員会
www.brahman-movie.jp

関連記事リンク(外部サイト)

「男なら言葉より行動で表せ」 『アベンジャーズ』ジョス・ウェドン監督が男気メッセージ
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が今すぐにはリメイクできない理由
映画『ブラフマン』箭内道彦監督 もう一度BRAHMANを撮ってくれって言われたら?【後編】
ロッキーが盟友・アポロの息子をプロボクサーに!男気映画『クリード』予告編大公開
映画『セッション』のおっさんに怒られ続ける壁紙を作ってみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP