ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村拓哉は10代から凄かった!『世にも奇妙な物語』で見せた演技が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月6日夜に放送されたフジテレビ系の生放送特番『がんばった大賞』で、今週末公開予定の映画『HERO』で主演をつとめるSMAPの木村拓哉が、19歳の頃に出演したドラマ映像を紹介。その意外すぎる役柄とルックスに、若い視聴者を中心に驚きの声が巻き起こっている。

これは同番組の中に設けられた『あの頃も頑張ってた大賞』での中のひとコマで、それによると、木村の「フジドラマデビュー」は、1992年7月に放送されたドラマ『世にも奇妙な物語』の『言葉のない部屋』というストーリー。
この中で当時19歳の木村は、高度経済成長期の東京で、青森から上京してなかなかその空気に馴染めず、悶々とした日々を送った末に、原因不明の急逝を遂げてしまう若者の役を演じているが、その木村の姿に、若い世代の視聴者からは驚きの声が。「最初誰だかわからなかった…」「本当にキムタクかよwww」「この頃から役作りうまかったんだな」「すげえ」「それにしても謎キャラだなw」といった声がネット上でも数多く巻き起こった。

その後、アイドルとして活躍するかたらわら、同局のドラマに相次いで出演、数多くのヒット作で主演し続けた木村。そうした後年の木村のサクセスストーリーは、ヒーローになれなかったあまりに地味すぎる若者の役からスタートしていたのである。

文・福原優也

■参照リンク
がんばった大賞
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/gambatta
映画『HERO』公式サイト
http://hero-movie.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ワイドショーネタを渋谷系ギャルがナゼか水着姿で斬る!④【キムタク『HERO』視聴率】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP