ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BACK-ON、パリ「JAPAN EXPO」に出演で4,000人動員&異例の入場規制

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4人組ミクスチャー・ロックバンドBACK-ONが、7月2日(木)~5日(日)にフランス・パリで行われた世界最大級の日本ポップカルチャーイベント「JAPAN EXPO」に出演した。

昨年は24万人が訪れ、今年はVAMPS、藍井エイル、でんぱ組.incなどが出演したJAPAN EXPO。BACK-ONのライブ開始を待つファンであふれる会場に無音のままメンバーが登場し、激しいドラムのリズムを合図に「STRIKE BACK」からライブはスタートした。

たたみかけるように「INFINITY」、「flyaway」とアップテンポな楽曲を連投したBACK-ONは、TEEDAが「俺達が日本のBACK-ONだ。まだまだいけるだろう?」と英語でMCをはさみ、続けて「セルリアン」をタイトルコール。ギヤを緩めること無く駆け抜けるライブに、オーディエンスは汗だくで飛び跳ね、手を上げ、声を出していた。

メンバー紹介の中でTEEDAは「フランスの女性はキレイですね。僕の彼女になりませんか?」とフランス語で語りかけ、会場からは女性の悲鳴と笑いが。さらにKENJI03がドラゴンボールでお馴染みの「かめはめ波」を大声で放つと、会場のファンも大声で「波ー!!!」と声を上げるなど、遊び心あふれるメンバーのキャラクターが垣間見える一幕もあった。

後半戦はライブの定番曲「Butterfly」で手を振りジャンプし、続けてBACK-ONのアンセム的楽曲「ニブンノイチ」を歌い上げると、ラストは安定のグルーヴ感を誇る「Departure」を演奏し幕を下ろした。会場のキャパ4,000人を埋め、入場規制がかかり約1,000人のファンが入り口で待機していたというこのライブは、言わずもがな2015年度のJAPAN EXPOでNo.1の動員記録となったようだ。

今後BACK-ONは、7月23日(木)~26日(日)にアメリカ・ボルチモアにて開催される『OTAKON MATSURI』にヘッドライナーとして出演することが発表されている。

【参照リンク】
・BACK-ON オフィシャルサイト
http://www.back-on.com

関連記事リンク(外部サイト)

BACK

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP