ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷蔵庫の残り物で作る「うるつや美髪」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


紫外線の影響を受けるのは、肌だけではありません。
紫外線による頭皮へのダメージが深刻化すると、髪がパサついたり、切れ毛や枝毛が増えたりしてしまいます
顔の印象を左右するパーツが砂漠状態だと、せっかくのメイクもくすみがち。夏こそうるうるつやつやな髪が魅力的ということで、お家の冷蔵庫に眠っているものでDIYできるヘアケアレシピをご紹介します。

アボカド・ヘアパック

グリーンスムージーの定番である「アボカド」は、ヘアパックにも変身する心強い味方。理想の髪質によって、一緒に混ぜるものを変えてみましょう。

潤いが欲しいなら、アボカド2/1個に対して、小さじ1杯のハチミツと1/2カップのヨーグルト。
強さが欲しいなら、アボカド2/1個に対して、小さじ1杯のレモン果汁と卵白を1個分。

アボカドはオメガ3やビタミン、マグネシウム、鉄分などありとあらゆる栄養素が豊富なので、髪にエネルギーをチャージしてくれます。
アボカドがないときは、サツマイモでも代用可能。

レモン・マッサージオイル

レモン果汁を使って自然なハイライトを入れるトリックもありますが、レモンは頭皮のクリーニングにも効果的
小さじ2杯のレモン果汁に同量のオリーブオイルと水を混ぜ、マッサージしながら頭皮にもみこみます。
20分ほどおいてから洗い流すと、ふけの元である古くなった角質をきれいに取り除き、同時に保湿をしてくれます。

シュガー・スプレー

まさかの調味料だってヘアケアレシピになっちゃうんです。
沸騰直前のお湯1/2カップに小さじ1杯の白いお砂糖を加えるだけで、ヘアスタイリング・スプレーの完成!
固めのホールドが好きな人は、小さじ2杯にするのがベター。海塩を加えると、テクスチャーの変化が楽しめるので、いつもと違ったヘアスタイルを演出できます。
どのヘアケアレシピもとってもシンプルで簡単。いつも口にしているものだけで作るので、安心です。女友だちとのお泊り会で作ったら、盛り上がること間違いなし!
beautiful-girl image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
老廃物がドバドバ出る「塩水エステ」
日焼けの危険を教えてくれる、ドーナッツ!?
デキる女のミニマル化粧ポーチ主義

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP