ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香りも蒲焼き!うなぎコーラに困惑

DATE:
  • ガジェット通信を≫


近年、各地の地元食材を使った「ご当地食品」がブームだが、「うなぎコーラ」なる飲料が7月21日に発売されることが判明し、驚きの声が上がっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「うなぎコーラ」を発売するのは、静岡県島田市の木村飲料という会社。同社はこれまでにも、雄大な富士を覆う美しい雪をイメージした「富士山頂コーラ」や、緑茶とコーラを掛け合わせた「しずおかコーラ」などを発売してきた。また、ご当地変わり種コーラとしては、他社からも、北海道・宗谷地方の塩を使った「宗谷の塩コーラ」、香川県の「オリーブ・コーラ」、広島県の「宮島コーラ」などいくつも発売されてきたが、「うなぎコーラ」のインパクトは群を抜いている。

見た目や味にはしっかりとうなぎが反映されているようで、商品を紹介する朝日新聞の記事には、「色もかば焼きを意識し、カラメルであめ色にした」「コーラ味の炭酸飲料にウナギエキスを加え、飲んだ後にかば焼き風の香りがするようにした」という記述が。

この商品が、ネットユーザーたちに大きな衝撃を与えているよう。ツイッターには、

「めちゃくちゃ飲みたい!!!!! 」
「これ、どんな味するんだろ、すごく気になります」

と、期待の声も上がっているものの、

「胃がおかしくなりそうな組み合わせ」
「・・・えっと・・・ナニをどうツッコんだらいいんだか」
「これに挑む勇者、どんだけ居るんだろうな笑」
「これは飲むの一度だけになりそうな予感…」
「静岡恐るべし・・・」

など、やはり大半のユーザーは困惑模様。

開発に3年を要したという「うなぎコーラ」。話題性は抜群だが、味はどうなのか…? 発売を待ちたい。
(金子則男)
(R25編集部)

香りも蒲焼き!うなぎコーラに困惑はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

奇妙な「ご当地コーラ」5選
ご当地「フルーツカレー」10選
「新・ご当地グルメ」ブーム拡大
夏バテしたら食べたい食材TOP10
“出世の街”浜松市…その理由は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。