ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

正しい毛活は頭皮タイプで見極めよ!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


オトコの薄毛・抜け毛対策には、“発毛促進”と “スカルプケア”の2つのケアが大切。しかし、それ以外にも、見落としがちなポイントがあることをご存じでしょうか。

●不十分な“毛活”オトコが大多数!?

【もっと大きな画像や図表を見る】

頭皮を清潔に保つことは、“毛活”の基本。とはいえ、「頭皮の脂はとにかく落とすべき」なんて考えている人はいませんか? 脂を落としすぎて頭皮が乾燥すると、かえって毛髪環境が悪化してしまうケースも…。実は、効果的な毛活のポイントは、自分の頭皮タイプに合わせて行うことなのだとか…。

頭皮は、一般的にタイプ別に分けられます。たとえば、髪がべちゃんとなりやすい、湿った大きなフケが出る、ふとした時に頭皮のにおいが気になるという人は“OILY”タイプ、肌がカサつきやすい、乾いた細かいフケが出る、頭が無性にかゆくなる時があるなどという人は“DRY”タイプである可能性が高いといえます。

そこでオススメしたいのが、「OILY(脂性肌向)」と「DRY(乾燥肌向)」の2種類を展開している「カロヤンプログレ」!

“OILY”タイプの頭皮には、皮膚の脂質量を下げる働きのあるカシュウチンキや過剰な皮脂の分泌をおさえる働きのあるピリドキンシン塩酸塩などを配合した「カロヤンプログレO」がオススメ。また、“DRY”タイプの頭皮には、頭皮のかゆみをおさえるジフェンヒドラミン塩酸塩や、湿潤剤としてヒアルロン酸ナトリウムなどを配合した「カロヤンプログレD」がオススメといったように、「カロヤンプログレ」は、頭皮タイプに合わせてセレクトすることができます。

さらに、頭皮環境を整えるスカルプケア(※)だけでなく、医薬品発毛促進成分「カルプロニウム塩化物」が配合された発毛促進も期待できるのも大きな特長。血行を促進して、毛根に栄養を届ける “発毛促進”と、髪に栄養がしっかり行き届くように頭皮環境を清潔にするスカルプケア(※)で効果的に“毛活”を始められるのも魅力です。

“毛活”の第一歩は、自分の頭皮タイプを正しく知ることから! 自分のタイプに合わせた「カロヤンプログレ」を選べば、効果的に“毛活”を始められそうですよ!

※ふけ、かゆみ

(R25編集部)

正しい毛活は頭皮タイプで見極めよ!?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

やらない?やれない?“毛活”調査
キーワードはダブル! オトコの「毛活」推進室
戦艦大和と武蔵をラジコンで再現!
必見!日本の絶景「船遊び」10選
極地に僻地…世界の大冒険クルーズ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP