ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

板チョコ1枚に850リットル!?食品生産の裏で「大量の水」が使われている・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リトアニア共和国の首都ビリニュス在住のイラストレーターEglė Plytnikaitė氏は、自身のイラストを使ってFacebook上で、あるプロジェクトを実行中です。それは、世界中の食品生産現場で、どのくらいの水が使用されているかを知ってもらうための活動。ポップなイラストが伝えるこの事実、普段考えもしないことです。私たちの口に食品が届くまでに、いかに大量の水が使われていることが分かります。

チョコレート1kgを生産するのに必要となる水の量はおよそ17,000リットル。これは、ちょっとしたプールに匹敵する量です。

牛肉1kgに必要となる水は15,000リットル。これは足がゆったり伸ばせる欧米の浴槽250個分にあたる量となります。

豚を飼育し、1kgの豚肉を得るには、だいたい188回分のシャワーと同じ水が必要です。

たった1個の卵にかかる水は196リットル。グラス784杯分の水です。

では、これを農産物と比べてみると…、

トウモロコシ1kgには、およそ1,211リットルの水が必要となります。小麦1kgでは約1,892リットル。

バナナも1kgになると約790リットル、同量のグリーンピースでは約586リットル。

さらに、トマトは1kgで約214リットル、じゃがいも1kgだって約287リットルの水が必要です。

さて、今日のご飯は何にしましょうか?

2015年7月現在、米カリフォルニア州では記録的な干ばつが続いています。住民たちは、生活用水を控える努力をしてはいるものの、専門家たちからは「入浴する前に2度は考え直して欲しい」と呼びかけるほどに、深刻な状況です。

それでも、アメリカ全体の話をすれば、平均的なアメリカ人が1日に使用する水の量は、一人当たり約8,300リットルだと、環境問題に取り組む「GRACE Communication Foundation」が報告しています。じつはこれ、シャワーやトイレなどの生活用水だけの話ではありません。私たちが口にしている食品のほぼ2/3が、生産の過程で何らかの水を使っているからなのです。
つまり、本当に水不足問題を意識して変わろうとするならば、自らの食習慣から見直していかなければならないということ。でも、これはアメリカだけの話でしょうか? 輸入食品に頼る日本人としても考えさせられるイラストですよね。

Licensed material used with permission by  Eglė Plytnikaitė

関連記事リンク(外部サイト)

未来は明るい!?ビル・ゲイツが熱く語る、2030年までの世界予測
ミネラルウォーターと水道水の大論争。アニメが伝える6つの真実
モルディブ政府が発表した「世界最大の浮島計画」。温暖化による海面上昇に新たな一手。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。