ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【えひめ最新レポ】世界一新鮮なかつおと評判の「びやびやかつお」を味わおう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


おいしい「かつお」を心ゆくまで堪能したいなら、愛媛県愛南町に行くべし。
ここの名産「愛南びやびやかつお」は、漁場が近いため鮮度を落とさず処理を加えるため、漁から水揚げまで最短数時間という、ほかではほぼあり得ない新鮮なカツオが味わえる。

南びやびやかつおには、いくつかのルールがある。

一.一本釣りまたは曳網釣りされたもの。一.釣り上げてすぐに活け締め・血抜き処理されたもの。一.釣り上げたその日のうちに水揚げされたもの。一.水揚げした後、スラリーアイスで保管されたもの。一.愛南漁協が管理し、品質の確かさを認めたもの。
最短だと、早朝に漁が行われ、昼に帰港し、午後からセリが行わる。
かつおというと高知のイメージが強いが、実は、愛南町の深浦漁港が四国最大の水揚げ量を誇る。愛南びやびやかつおは、愛媛県内や東京、大阪でも食べられる店が増えている。だが、地元・愛南町の食事処、ホテルなどで食べるのがおすすめだ。初かつおの旬は4~6月、戻りかつの旬は10・11月。特に、刺身が絶品だ。


愛南びやびやかつおhttp://biyabiya.com/いよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/
(Written by Aki Shikama)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
今年も御宿で伊勢えび祭りが開催されるぞ!
【台北 最新レポ】 牡蠣好きにたまらない「牡蠣麺」が美味すぎる!
愛媛で広がる“O級グルメ” その正体は・・・

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP