ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

μ’s、シングル自己最高初週売上 映画の快進撃を追い風に好発進

DATE:
  • ガジェット通信を≫

©2015 プロジェクトラブライブ!ムービー
現在公開中のTVアニメーションの完全新作劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』の挿入歌になっている、μ’s/星空凛(飯田⾥穂)・⻄⽊野真姫(Pile)・小泉花陽(久保ユリカ)の「Angelic Angel/Hello,星を数えて」(7月1日発売/ランティス)が、発売初週8.2万枚を売り上げ、7月13日付オリコンシングルランキング(集計期間:6月29〜7月5日)の2位に初登場し、シングルでは、自己最高となる好スタートを切った。

プロジェクト開始5周年を迎えた今年、6月13日に公開された映画は、初週の週末動員ランキングで首位となって以降、3週連続で首位をキープする好成績を収めている(興⾏通信社調べ)。本作に次いで、7月8日には同映画の挿入歌「SUNNY DAY SONG/?←HEARTBEAT」、7月15日には挿入歌「僕たちはひとつの光/Future style」が3週連続でリリースされることも決まっている。

「ラブライブ!」は2010年に、雑誌『電撃G’s magazine』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)、ランティス、サンライズの3社による、ユーザー参加型の“スクールアイドルプロジェクト”としてスタート。少⼥たちが廃校の危機が迫った学校を救うべく、アイドルを目指して奮闘するという内容で、2013年からはアニメ化され、登場キャラクターたちによるアイドルユニット「μ’s(ミューズ)」が誕生。2014年の年間アーティストトータルセールスでは13位と、大きな人気を集めている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP