ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.1.1ベースのParanoid Android 5.1がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 向けのカスタム ROM の中では人気の高い「Paranoid Android」の開発チームが Android 5.1.1 ベース「Paranoid Android 5.1」をリリースしました。Paranoid Android 5.1 は現在のところ、Nexus 6(Shamu)、Nexus 5(Hammerhead)、Nexus 4(Mako)、Nexus 9(flounder)、Nexus 7 2013(Flo)、Nexus 7 2012(Grouper)が対応しています。パケット通信に対応したタブレットや Nexus 10 については、未所有のためテストできないとしてサポートを見送っています。Paranoid Android 5.1 では、テーマエンジン、クイック設定ツールの並べ替え、App-Ops、高度な電源メニュー、Immerssive モードなどの独自機能が実装されていますが、KitKat ベースの Paranoid Android の一部の機能は未移植のままです。Nexus 6 については、T-Mobile の Wi-Fi Calling や Verizon の VoLTE をサポートしています。また、Nexus 9 については 32bit 版の GApps よりも、64bit 版の GApps を利用するようにと勧められています。Source : Paranoid Android


(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon、Cloud Driveの公式Androidアプリをリリース
Sony Mobile、「Folding@Home」アプリをv2.0にバージョンアップ、アプリUIを刷新、Google Play ゲームに対応
CADで制作されたGalaxy Note 5の3Dモデル動画が非公式に公開、SペンでPDFへの書き込みも可能?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP