ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気のプレスジュース 残った繊維やカスは料理等に活用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、話題を呼んでいる「コールドプレスジュース」。コールドプレスとは、「低温圧搾」のことで、低速回転のジューサーで野菜や果物の果汁を絞り出したジュースを飲めば体内のデトックス効果があるとされる。美容や健康意識の高い女性たちの間で流行している。

 このプレスジュース、自宅で作るとどうしても野菜の繊維が残ってしまい、通常それは捨てられてしまうが、「ただ捨てるだけではもったいない」という声もある。残った繊維はどのように活用すればよいのか。コールドプレスジュースファンの主婦・Aさん(55歳)はこう語る。

「食材の食物繊維をただ捨ててしまうのは、本当にもったいないのでぜひ活用してほしいです。例えば、にんじんを使ったプレスジュースの搾りカスは、ひき肉や酒、塩こしょうなどと一緒に炒めてキーマカレーに。それからひき肉やパン粉と一緒に混ぜてハンバーグのタネや、ミートボール、コロッケに入れて活用することもできます」(Aさん)

 Aさん同様に、自宅でプレスジュースを作っているという女性・Bさん(26歳・会社員)にも、その活用法について聞いた。

「リンゴで作ったプレスジュースの繊維は、カレーに混ぜでドロドロになるまで煮込んだり、にんじんはおからと一緒に炒めたり、ミートソースに混ぜたりしています。料理に使うだけでなく、乾燥させて植木鉢の土に混ぜて肥料に使ったりもしていますよ」(Bさん)

 高い栄養価があると言われているコールドプレスジュース。圧搾機に残った食材の繊維も活用して、より無駄をなく栄養を摂取しようと考えている女性も多いようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
健康意識高い人の注目飲料 スムージーからプレスジュースへ
新食感のポテトチップスまぶしおにぎり お勧めはコンソメ味
東原亜希 高橋ミカプロデュース青汁を「飲まないと不安に」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。