ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デビット伊東 ラーメン店を年商2億円に成長させた経営術語る 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1980年代に一世を風靡していたお笑いトリオ・B21スペシャルのメンバー、デビット伊東(48才)。芸能人と実業家の2つの顔を持ち、経営しているラーメン店は海外にも進出して計7店舗。年商はなんと2億円! そんなデビット伊東に、大手ラーメン店に成長するまでの道のりや極意、ラーメンのこだわりについて語ってもらった。

――俳優や実業家としてご活躍されていますが、どちらが本業ですか?

デビット:基本は役者ですよ。皆さん、2足のわらじだと思っているかもしれないけど、1足のわらじがちょっと大きくなっただけ。足のサイズが合わないので、必死にやっているんですけど。ラーメン屋さんはカウンター商売の舞台で、芸能活動も舞台じゃないですか。だから共有しているんです、ぼくの中では。全てが芸能なんです。

 ラーメン屋さんはたまたまラーメンを作って出すという作業だけど、お客さんを楽しませるというのが一番で、エンターテインメントとしては同じ。ぼくが店に立っている時は、700円のチケット買ってもらっていると思っているので。どちらかに力を入れているわけではないんですよね。

――『とんねるずの生でダラダラいかせて』(日本テレビ系)の企画で2000年に渋谷にオープンしたのが最初のラーメン店で、今年で創業15年目ですね。

デビット:初めに作ったのは手間暇だけなんです。とんこつ、鶏ガラ、野菜スープ、別々にだしを取って、それを寸胴の中にひとつの味にして1日寝かして、というわけのわからない手法をやっていたんです。未だにそのラーメンが一番難しいです。酸味味と名付けたそれは、もうやっていません。認めてもらえなかったんです、お客さんに。

――お客さんの声を拾い上げて、味を変えていった?

デビット:ちょっとのことでわかるんですよね、客前に立っていると。お残しがあったり、認めてもらえない感が、ひしひし伝わってくるんです。食べた瞬間、「この味はどうすればいいんだ」っていう顏。そこからですね、色々変えていったのは。その試行錯誤した2、3年の歴史があるから、今は何があっても怖くないですね。あの頃は、変えては変えてはって感じで、お客さんがつかなかったですね。

――そこから人気店になっていくわけですが、ラーメンのこだわりはありますか?

デビット:こだわりがないことがこだわりかもしれない。品物でいうと、烏骨鶏とか利尻昆布とか、皆さんの知ってる高いものがあるじゃない。それを使って、1200円のラーメンを食べる? ぼくはそれよりも、冷蔵庫にあるものをプロとしておいしくして、安く提供するのがいいじゃないかなって。でも味だけじゃないからね。結局、味って100%の中の40%とか30%とかなんでしょうけど、それ以上に人です。従業員ですね。

――従業員にどんな教育を?

デビット:いらっしゃいませ、ありがとうございます、いただきます、ごちそうさまでした、おはようございます、おつかれさまでした。この6つだけ言いなさいって。

――それだけ?

デビット:6つの挨拶だけ教えてから、3か月間はぼく、何も言わないんです。楽しんでね、仕事は楽しいものだよと言って。3か月後ですね。仕事ができるようになってから、目線ひとつから細かいことを教えます。うちの会社の基本理念が、「誰かのために」というテーマなんです。人のために生きられるような人間になりなさいと。彼女のためとか、奥さんのためとか、友達のためとか、親のためとか。店なら全てはお客様のためにとなりますけど。うちで働けば、どこでも通用する接客ができますよ。

――ラーメン店を始めてから、芸能界を一度、辞めていますよね。

デビット:中途半端でしょ。番組からラーメン店の話が来た時に、面白いことができればいいなって。芸能界だけじゃなくて、勝負できるものがあるのかなって。可能性とかにかけてみたくなったんですね。0か100になるんです、ぼく。

――そこに葛藤はなかった?

デビット:まったくなかったです。当時は事故で、左足の膝から下がほとんど動かなかったんです、腓骨神経麻痺という状態で。そのきっかけもありますよね。医者からも、障害保険取りなさいと言われましたからね。今はダッシュまでできますけど、膝から下の痺れは残っています。

 あの頃は毎日、全く動かない足をずっと見ていました。それで普通の生活をしていたら、ちょっと動くようになって。そこからですね、必死に毎日、寝る暇を惜しんで動かすようにして。それから18年くらい経っていますけど、なんとか歩くことができたという。

――おいしいラーメン店の見極め方を教えてください。

デビット:おいしい店は厨房がキレイだね。新店はだめよ、そもそもキレイだから。こだわっている店は長く営業していても、どこかしらキレイだと思う。うちも中延本店の厨房は、15年前から使ってますけど、ピカピカですよ。キレイにしないと従業員を帰さないもん(笑い)。

――さすがですね。年商2億円ですもんね。

デビット:そうですね。一度がくんと落ちたけど、戻したから。

――すると気になるのは、年収ですが。

デビット:まったくもらってなかったんです、芸能の仕事でもらってるので。ラーメンのほうは、利益があったら半分は従業員にボーナスで渡しちゃうので。潤った時にはもらうけど。今はちゃんと給料制にしています。

――そうしたら、B21の全盛期のほうが多いですよね?

デビット:そう。今のほうが全然少ないです。でも、やりがいじゃないの?

――実業家であり芸能活動をされている方って結構多いですけど、ライバルは?

デビット:ライバルはわからないな…。でも、はるな愛には説教したことがある。イベントに呼ばれると、ぼくは必ず顔を出すんです。ギャラがなくても、お客さんのために行くんです。するとはるなのお好み焼き屋もイベントに参加してるんだけど、はるなは来てないし、客が並んでいて回ってないんです。粉ものだから時間がかかるんですね。

 それではるなに言ったんです。「なんでお前、顔出さないの?」「営業じゃないもん」「そういう問題じゃない。お前の看板でお好み焼き屋さんが来てるのに、お客さんに失礼じゃないか」。すると「私は作れない」「そういう問題じゃない。営業だったら来るのか。それはおかしいだろ。両方ともちゃんとやってるんじゃないの?」「はい」って。

――それから、はるな愛さんは顔を出すようになったんですか?

デビット:なってない。

――響いてない!

デビット:賢示(はるなの本名)にはまったく響かない(笑い)。でも、ああいうキャラだからいいんだよね、お店ってそれぞれの個性が大事だから。

【デビット伊東】
1966年8月12日生まれ。埼玉県出身。ホストクラブで出会ったヒロミ、ミスターちんと共に1986年、コントグループ・B21スペシャルを結成。一世を風靡した。その後『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)の企画によるラーメン店での修業を経て、『でびっと』をオープン。現在は8店舗を経営している。一時は芸能界から完全に引退していたが復帰し、俳優としても活躍中。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店
全国行列のできるラーメン店リスト 福岡には2.5時間の店も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP