ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

厳しい川上哲治監督 三球三振で罰金取られた城之内邦雄氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年7月から「週刊ポスト」で連載された『巨人V9の真実』が、V9スタートから50年目にあたる今年、単行本として刊行される(7月9日発売)。それを記念し、V9時代を支えた巨人のエース、400勝投手の金田正一氏、「エースのジョー」と呼ばれた城之内邦雄氏、そして栄光の18番を背負った堀内恒夫氏が一堂に会し座談会を行なった。座談会では、川上哲治監督の厳しさについて秘話が次々と飛び出した。

──(川上監督は)それだけ厳しかった。

金田正一(以下、金田):すでに国鉄で353勝を挙げていたワシに対しても容赦なかったからね。国鉄から移籍した1年目(1965年)、夏前にヒジを故障して戦列を離れた。球宴明けに治ったので川上さんに告げたんだが、「信用できん」といってきた。仕方ないから納得させるため、当時は前例のなかった二軍戦での登板を申し出た。二軍の連中に打たれるわけがない(6回無失点)。ようやく認められて一軍に復帰し、それからは5連勝して優勝に貢献した。

城之内邦雄(以下、城之内):僕は自分が引退する時に川上さんの厳しさを思い知りましたね。22歳で入団し、5年間で100勝を挙げて巨人を支えていた自負があったが、20代後半くらいから腰の故障に苦しんで成績が年々低下、登板機会が減っていった。31歳の頃には回復していたけど、川上さんから引退を命じられた。トレードしてくれれば良かったが、「よそで投げられたら困る」という理由で引退させられた。

堀内恒夫(以下、堀内):僕は川上さんに、リードしているのに四球が多いからと降ろされた試合が4つあった。酷いのなんか12-0で勝っていたのに4回2死満塁で降板ですよ。確かにそこまでで8四球だったけど、12点リードで代える必要はないじゃない(苦笑)。本当なら207勝してたのになァ(堀内は通算203勝)。

城之内:打者出身の監督は四球を嫌うからね。

堀内:川上さんに「四球はルールのうちなんだからいいじゃないですか」っていったら「バカヤロー、守ってるヤツが迷惑だ」って怒鳴られました(笑い)。

金田:ホリはコントロールはゼロだったからな。

堀内:ゼロは言い過ぎでしょう(笑い)。確かに僕はツースリーになることが多くて、長嶋さんから「早くストライクを投げろよ」なんて怒られたけど。高橋一三さん(*注)は名前の通りワンスリーが多かったね。一三さんよりはちょっとマシだったかな(笑い)。

【*注:高橋一三(たかはし・かずみ)/1965年に巨人入団。左のエースとしてV9時代を支えた。1976年、張本勲とのトレードで富田勝とともに日本ハムに移籍。通算167勝132敗、防御率3.18】

金田:四球を嫌がる割には、ツーナッシングから1球ボールを入れないと罰金だったな。川上巨人には色々な罰金制度があった。

城之内:僕なんて三球三振を奪ったのに罰金を取られたことがある。それに「早く投げすぎる」といわれて、投げる前に外野を見渡さないと罰金だった(笑い)。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
捕手を叱った川上哲治監督「試合中には投手を怒れないんだ」
川上監督を前にあの金田正一さえもが緊張で食事が喉を通らず
名将・川上哲治氏と西本幸雄氏の違いは決断力と現役時の威光

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP