ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レビュー】『アベンジャーズ』は前作よりドラマを重視、予想を裏切るキャラ設定も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「続編を作るなら、前作よりBIGGER(大きく)で、BETTER(よいもの)にしなければならない」
これはジョス・ウェドン監督の言葉です。
その”公約”どおり、3年ぶりに彼らが帰って来ました!「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」です!
極めてネタバレのないようにレビューします。

物語は、スーパーアクションで幕をあけます!舞台は、雪のつもったヨーロッパの山奥。
各ヒーロー、バラバラの能力なわけですが、流れるように、パノラマのようにバトル・シーンを見せてくれます。
そこにヒーロー同士の、粋な会話が入る、、アベンジャーズが、チームとして”息のあっている”こと、そして”アメリカだけのヒーローでないこと”がわかります。
すばらしい”つかみ”です。

実は今度の「エイジ・オブ・ウルトロン」は、前作以上にドラマに重点がおかれています。
なので、まず冒頭に一つ、すごい見せ場をもってきて、ここで料金分満足させてくれます(笑)
「スター・ウォーズ:帝国の逆襲」も、一番すごい戦闘シーンが冒頭でしたから(あ、これも雪の世界でしたね)。でも、ご安心ください。「エイジ・オブ・ウルトロン」の場合は、この後も、もっとすごいアクションの見せ場が炸裂します。

ジョス・ウェドンは、見たいものを見せてくれます。アベンジャーズの映画において、僕らは2つの矛盾した要素を期待しています。
“ヒーロー同士の共闘”と”ヒーロー同士のバトル”。

前者については、キャプテン・アメリカとソーが、すばらしいコンビネーションをみせてくれます。シールド(盾)とムジョルニア(ハンマー)の合わせ技は鳥肌もの!
そして後者は、なんといってもアイアンマン=ハルクバスター装着 VS ハルクです!
前作でハルクがアイアンマンを助けたビルの壁面ごしが、今度は戦いの場になります。
このへんのツボ、さすがジョス・ウェドンです。

映画観終わった後、衝動的にハズブロの”ハルクバスター”のおもちゃ、買ってしまいました(笑)
シールドとムジョルニアが共鳴する!ハルクとハルクバスターの拳がぶつかりあう!そのときにすごいエネルギー波が発生します。ヒーローたちのスーパーパワーのすごさをこういう描写で説得させてくれるのです!

今回の敵はウルトロンですが、これは観客の予想を大きく”裏切る”キャラづけがされています。

普通この手のSF映画では、ロボットの敵というのは、感情を持たず冷酷なマシーンとして描かれます。
しかし、ウルトロンは、極めて人間的で、激しい感情の持ち主なのです。
だからこそ、この役を名優ジェームズ・スペイダーが演じる必然性があったのでしょう。
ウルトロンは、まぎれもなく”トニーの子ども”なのであり、”父への反発”を胸に秘めた、複雑な存在なのです。

そしてスカーレット・ウィッチとクイックシルバー。
この2人は、ある意味アイアンマン、ソーによって運命を狂わされ、キャプテン・アメリカがシンパシーを感じる存在として描かれています。
だから最初の戦いが、
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー
VS
ウルトロン、スカーレット・ウィッチ、クイックシルバー
の3対3 なのは”因果”だったのです。

まさにアクションや話のスケールはBIGGER(大きく)にドラマ部分はより、BETTER(よいもの)に仕上がっていたのが「エイジ・オブ・ウルトロン」です。

僕は、本作を、ここまでのレベルに持ってくるのは、相当大変だと思います。
というのも前作「アベンジャーズ」は、ヒーローたちが集う! という高揚感があったから、もうそれだけ半分以上”勝っている”作品でした。
もちろん、それだけに終わらない傑作に仕立ててくれたのが、ジョス・ウェドンのすごいところですが。

しかし本作は、そこは、もうない。
ラブ・ストーリーで考えるなら、どう考えても「2人が出会った、恋が実る」ところまでが、一番盛り上がるわけです。だから「その後、2人が、どう付き合い続けた」で面白いドラマを作るのは相当難しい。
でもジョス・ウェドンは、見事にやってのけました!

個人的には、「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」で、気弱そうだけど男気みせた、ヘリキャリアーのオペレーターくんの再登場がうれしい。ここはすごくいいシーンです!

最後にトリビアを。アンディ・サーキス演じるあのキャラは、今度映画化される「ブラック・パンサー」というヒーローの敵役なのです。原作で、彼は右手に特殊な義手をはめ、それが武器になっています。だから本作では・・・・・・・・なのです。

アベンジャーズたちの応援に、この夏はぜひかけつけてあげてください!

https://youtu.be/_B701Z7Vh7E

<すぴから皆様へ:特別インフォ>

■東京・六本木で開催されているイベント
「アベンジャーズ200%ホットトイズ」
http://avengers200.jp/
は、感動的!!!

無料イベントとは思えない素敵さ!
7月20日(月)まです。行ける方は是非行ってあげてください!
このイベント行くと、フィギュア欲しくなるので、お財布注意です(笑)
(PHOTO BY すぴ)

■君もアイアンマンになれる!?
オートバックスさんが、「アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン」を使ったユニークなキャンペーンを展開!
アイアンマンなりきり寝袋あたります!
http://www.autobacs.com/static_html/shp/2015_s-sale/top.html

■TOHOシネマズ六本木 にて「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」を観に行ったらターミネーターくんがにらみをきかせていました!(笑)

本作シュワちゃんの活躍もさることながら、炎の中からエンドスケルトンが姿を現すシーンが素敵!(しかも3Dで観たので!)サラ・コナーが美人で萌えました!「ターミネーター:新起動/ジェニシス」7月10日(金)からです。
http://www.terminator-movie.jp/
(PHOTO BY すぴ)

■参照リンク
『アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン』公式サイト
http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers.html

関連記事リンク(外部サイト)

小学生が考えた「クールに歯を抜く方法」がスゴすぎると話題に【動画】
箭内道彦監督作、映画『ブラフマン』が満席続出の大ヒット!主題歌「其限」も爆売れ中
「やったのはコイツですワン!」仲間をあっさり売るブルドッグが可愛すぎる【動画】
【レビュー】『アベンジャーズ』は前作よりドラマを重視、予想を裏切るキャラ設定も
NBA史上最強のセンター、シャキール・オニールがゴルフ場でハシャギすぎて可愛い

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP