ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Song Review: オーミ 次期“No.1”候補!2015年のサマー・アンセム大本命「チアリーダー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本の梅雨が本番を迎える中、米国では、ビーチサイドが目に浮かぶような、日差し降り注ぐナンバーが急上昇している。発祥の地、ジャマイカ出身の28歳、ポップフィールドにクロスオーバーするレゲエシンガー、オーミのデビュー曲「チアリーダー」だ。

 原曲を超えて、このバージョンが“原曲”という印象すら位置付けた、ドイツの人気DJ、フェリックス・イェーンによるリミックスが大ブレイク。冒頭、ホーンとピアノの音が涼やかな風を運び、宙に浮かぶようなマイルドなオーミのヴォーカルが聴こえてくる。“さて、聴くぞ”と、構える必要もなく、インストとしてバックで流れていても、まったく不快感ないのが、この曲の魅力だろう。

 ブラック・ミュージックがチャートを支配する今日、そのリリックの改善策にも注目が集まり、2000年以降、南部から発祥し始めた“お下劣モノ”は、すでに古臭さすら感じさせる。今、求められているのは直球の求愛メッセージであり、オーミのこの「チアリーダー」も、その流れに忠実に従った、ストレートな純愛歌に仕上がっている。

 「俺のチアリーダーを見つけた」

 「君だけ、他の誘惑には惑わされない」

 文化の違いか、直訳すると我々、日本人の耳には若干…違和感があるものの、こういった目線で自分だけを見つめてくれる男性は、女性にとっての憧れであり、“自分だけのチアリーダー”として、隣でエールを送り続けてくれる女性は、男性にとっての理想像。真夏の解放感と、この曲の甘い囁きに、“ひと夏の想い出”が、世界各国で生まれるのだろう。

 すでに、UKはじめ、デンマークやドイツ、フランス、スウェーデンなど、ヨーロッパ各地の主要国ではNo.1をマーク。間もなく視聴回数は2億回を突破し、夏本番にむけて、さらに世界各地で流れまくることになるだろう。全米では、初夏から11週にわたり、首位をマークし続けているウィズ・カリファ feat. チャーリー・プースの「シー・ユー・アゲイン」にかわり、首位の座に就くのは、このオーミではないかと予想されている。

 昨年夏に大ブレイクを果たした、レゲエバンド、マジック!の「ルード」に引き続き、今年の夏もカリブ色が濃厚に漂いそうな音楽シーン。ビーチやオープンカーのお供にはもちろんのこと、夏の終わりをイメージさせる、サンセットでのセンティミエントを滲ませるような「チアリーダー」は、今年のサマー・アンセムの大本命。

Text: 本家 一成

◎「Cheerleader (Felix Jaehn Remix) 」MV
https://youtu.be/jGflUbPQfW8

関連記事リンク(外部サイト)

ウィズ・カリファ 米ビルボード・シングル・チャート11週目の1位をキープ、オーミがTOP3圏内に浮上
Song Review: 【R指定】サウンド・リリック・ビデオが見事にマッチしたリアーナの最新シングル“BBHMM”
Album Review:カーリー・レイ・ジェプセン『E・MO・TION』 温故知新のアイデアで磨き上げた上質なポップ・アルバム

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。