ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タンパク質の完全体「フムス」でヤセ体質を手に入れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ダイエット中、お肉などを避けて野菜中心の食事が増えると、不足がちになるのが「タンパク質」。
カロリーが気になって思うようにタンパク質を摂取できないときおすすめなのが、低カロリーの『フムス』。タンパク質を補うことができ、さらに満腹感も味わうことができます。

完全タンパク質は、ダイエットの強い味方

タンパク質は、20種類のアミノ酸から構成されていますが、そのうち9種類のアミノ酸は身体が作りだすことができない必須アミノ酸です。そして、9つの必須アミノ酸すべてが、ほぼ同量に含まれている食材のことを完全タンパク質といいます。
ダイエットなどで食事制限をすると、タンパク質は不足しがちに。でも、タンパク質を摂取しないと筋肉が減り代謝が落ち、太りやすい体質になってしまうんです。

満腹感抜群のフムス


ダイエット中、不足しがちなタンパク質を補うのにおすすめなのが「フムス」です。「フムス」とはひよこ豆をペースト状にしたもので、中東でメジャーな家庭料理。そのまま食べたり、ピタパンに挟んで食べるのが一般的な食べ方です。
スパイスが効いているので、単品のままではなく、ディップして食べてもおいしいですよ。
ひよこ豆にはタンパク質のほか、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なので美容面にも大助かり! 便秘解消や肌にも効果が期待できそうです。
しかも、100グラム食べても170キロカロリーという低カロリーさもポイント高し! 豆なので腹持ちも◎。

フムスは混ぜるだけ

「フムス」は、自宅で簡単に作ることができます。
・混ぜるだけフムス(材料)

ひよこ豆水煮……100g
練りごま(白)……大さじ2
オリーブオイル……大さじ1
水……大さじ4
レモン汁……小さじ1
おろしにんにく……小ひとかけ
おろししょうが……小さじ1/2
塩……小さじ1/3
クミンパウダー……お好みで

これらの材料を、フードプロセッサーで一気に混ぜるだけ! スパイスはクミンパウダーのほかにパプリカやペッパーでもOKです。
野菜スティックのディップなどダイエット中でも安心して食べられます。クラッカーやバゲットにのせて、おつまみにするのもありかも。
スパイスの香りが食欲をそそるので、これからの暑い季節にもぴったりです。
Sunny woman /image via Shutterstock
(きょうこ)


(グリッティ)記事関連リンク
倹約上手はクリエイティブ。使いこなすべき #システムD
女友達が減っていく、実はウザい言動
人見知りを言い訳にするのはもうやめる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP