ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BACK-ON、パリ開催『JAPAN EXPO』で4,000人の観客を魅了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BACK-ONが7月2日~5日にフランス・パリにて行われた、世界最大級の日本ポップカルチャーイベント『JAPAN EXPO』への出演を果たした。

昨年24万人が訪れた『JAPAN EXPO』。今年はVAMPS、藍井エイル、でんぱ組.incなど錚々たるアーティストが名を連ねた。

BACK-ONの出演時間が近づくと会場には続々と人が集まり、ライヴの始まりを今や遅しと待ちわびるファンで溢れた。そこに無音のまま登場したメンバー。堂々とした佇まいからは、世界各国で数々のライヴを経験して得た自信を感じさせる。そして激しいドラムのリズムが鳴り響き、楽器が徐々に重ねられ「STRIKE BACK」から勢い良くライヴはスタートした。

たたみ掛けるように「INFINITY」、「flyaway」とアップテンポの楽曲を連投。1曲終わるごとに悲鳴のような歓声が鳴り響き、どこからともなくBACK-ONを呼ぶコールが巻き起こった。

TEEDAは「俺達が日本のBACK-ONだ。まだまだいけるだろう?」と英語でMCをはさみ、コールされたタイトルは「セルリアン」だ。ギヤを緩めること無く駆け抜けるライヴに、飛び跳ね、手を上げ、声を出す汗だくのオーディエンス。その表情は皆笑顔にあふれていたのが印象的だ。

メンバー紹介の中、TEEDAはフランス語で「フランスの女性はキレイですね。僕の彼女になりませんか?」と言い、会場からは女性の悲鳴と笑いが。更にはKENJI03はドラゴンボールでお馴染みの「かめはめ波」を大声で放つと、会場のファンも大声で「波ー!!!」と声を上げた。遊び心溢れるメンバーのキャラクターが全開に出た一場面だった。

後半戦はライヴの定番楽曲「Butterfly」で手を振りジャンプし、続けて今やBACK-ONのアンセム的楽曲となった「ニブンノイチ」を歌い上げた。ライヴのラストは世界中で何度も最大のグルーヴを生み出してきた「Departure」を演奏し幕を下ろした。

大合唱と共に飛び跳ねる会場を見ていると、ここがパリである事を忘れてしまう。更には言語の壁なども忘れてしまう。ライヴを通した圧倒的なコミュニケーション能力が、全てを超えて世界の音楽ファンを魅了する理由なのだろう。

そして、ライヴ終了後に飛び込んできた「入場規制」という言葉。BACK-ONのライヴは会場のキャパ4,000を埋め、なんと更には会場の外に約1,000人のファンを待たせる状況だったのだ。結果、2015年度の『JAPAN EXPO』にてBACK-ONはNo.1の動員数を記録した。

今後BACK-ONは7月23日〜26日にアメリカ・ボルチモアにて開催される『OTAKON MATSURI』にヘッドライナーとして出演することが発表されている。北米最大級のイベントにて次はどの様なパフォーマンスをするのか。世界中から注目が集まっていることは間違いないだろう。

「リザレクション」リリックビデオ
https://youtu.be/X2wMD6CDZ9g

「Dear Me」リリックビデオ
https://youtu.be/RqfGZE4a-Ho

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
BACK-ON オフィシャルHP
アニサマ2015に野水いおり、BACK-ON、藍井エイル、蒼井翔太、Kalafina、てさプルん♪が出演

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP