ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヴァーチャルアーティスト・IA、初の北米ライブで約2000人を動員

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヴァーチャルアーティストとしての活動を続け、ユーザーや業界関係者から非常に高い評価を得ているIAが、北米での初めてのライブを大成功させた。

アメリカの独立記念日でもある7月4日(土)。IAが新たな一歩を踏み出した。アメリカのアニメコンベンション「ANIME EXPO 2015」内で開催された「ANIME EXPO PRESENTS COOL JAPAN FESTIVAL」。会場はカリフォルニア州ロサンゼルスのダウンタウンに位置するClub Nokiaというライブハウス。チケットはソールドアウトしており、2000人が会場に足を運んだ。超満員の会場には、思い思いのIAのキャラクターTシャツを着込んで、待ちに待ったIAのライブを直前に感極まって涙するファンもいるほど、IAライブの待望感が伝わってくる。開場中のBGMがおちると、いきなり大歓声がわき、いよいよIAのライブがスタートとなった。

オープニング映像が流れ、IAのアーティストロゴが浮かび上がると更に完成が大きくなる。最前列のファンはIAカラーのピンクのペンライトをもって、両手をあげ、IAの初ライブを祝福しているよう。

ライブのオープニングナンバーは「Inner Arts」。IAは重厚なサウンドを奏でるバンドメンバーを従えて、ステージ中央に白いドレスをまとい登場。歌いながらステージを右に左に現地のファンに丁寧に挨拶を交わすかのようなステージングだ。2曲目はCircuit DISCO、ここでIA Dancersが登場、IAと息のぴったりあったダンスでステージを更に盛り上げる。IAは夏全開のノースリーブ衣装に早替わり。曲が終わると、「はじめまして、IAです、最後まで楽しんでいってください!」と元気に挨拶。IAが会場に向かって手を振るたびに割れんばかりの大歓声があがる。

ライブ中盤はIA定番のダンスナンバーが続き、場内のボルテージは最高潮に。楽曲間奏のダンスパートでは得意のダンスも惜しみなく披露。ライブ後半戦はカゲロウプロジェクトの映像が流れ、それに続き披露されたのがマルチクリエイターじんのロックナンバー「チルドレンレコード」「アウターサイエンス」。オリジナル衣装に着替えたIA。会場内にはこの同じ衣装をまとったコスプレイヤーも多数見受けられていた。

その後のMCでは初の北米でのライブを自らが楽しみパフォーマンスをしている様子が伺え、それに応えるように場内からは「IAちゃーん」の呼び声があびせられた。そして、ラストの曲は「アメリカ〜We are all right!〜」。曲中にIAからバンドメンバー、ダンサーの紹介もあり、自らを含めたIA ALL STARSとしてのパフォーマンスで、バンドとしての一体感を感じる一幕もあった。もちろん会場内のファンも一気に一体となり、サビでは大合唱となり本編は幕を閉じた。

IAが退場後、すぐに現地ファンからのアンコールの声がわき、再びステージに登場したIA。これからも歌い続けていくことをファンの前で誓った。アンコールを歌い上げた後、ありがとうの声とともに三方礼し、「See you soon!」と残しステージを後にした。

ひろい音楽性を持つIAの魅力がたくさん詰まった初めてのライブ。大成功をおさめたことにより、今後の海外での活動も期待ができる。そんなIAのライブは、日本ではいつ見ることができるのか!? 非常に待ち遠しい。

photo:Kaori Suzuki

■「ANIME EXPO」オフィシャルサイト
http://www.anime-expo.org

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
IA オフィシャルHP
音楽制作ソフトIA(イア)・ONE(オネ)など4種類が一挙リリース

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP