ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

希少な三毛猫のオス 「価値は2000万円」という説の真偽は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 三毛猫は基本的にメスしか生まれず、オスの三毛猫が珍しいことは猫好きでなくとも有名な話だ。赤川次郎の「三毛猫ホームズ」ももちろんメス。

 オスの性染色体は「XY」で、メスは「XX」。そのうち「X」にしか、黒や茶(オレンジ)の毛色を決定する遺伝子情報は乗らない(白は性染色体ではない染色体に乗っている)。よってXが1つしかないオスは最大2色にしかならないのだ。「XXY」となる染色体異常によってオスの三毛猫が生まれる確率は3万分の1とされる。

 かつてテレビ番組でその価値は2000万円にもなるといわれたが、実際はどうなのか。高級猫専門ショップ・キティダイヤモンドのアドバイザーである杉田郁子さんに聞いた。

「それは都市伝説ですね。確かに三毛猫のオスは希少です。ただ日本猫は血統書付登録がなされていないので、取引価格は0円。街で見かける日本猫と同じです」

 血統書がないから、三毛猫のオスだけでなく「日本猫」自体の市場が存在しない。そのためペットショップでは取り扱っていないのだ。また、三毛猫のオスは染色体異常ゆえ比較的短命なことからも、仮に販売されても高値はつかないといわれている。ただ、アメリカで日本猫を元に交配された「ジャパニーズボブテイル」という種類は5万~10万円で販売されている。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本人の胸が小さいのは「体温の拡散」を防ぐための進化の結果
精度99%の妊婦血液のダウン症診断 10月から臨床研究開始
野田議員 胎児に異変見つかるも羊水検査を断固拒否していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP