ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

掃除もエサやりも要らない!水槽内を優雅に泳ぐ“クラゲ型水中ロボット”に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水槽を優雅に泳ぐ魚の姿を眺めていると、心が癒される……なんていう人もいるだろう。

だが、実際に生きた魚にエサをやり、水をキレイに保ち、水槽の掃除をおこなうなど、世話をするのは手間がかかるし、お金もかかってしまう。

それなら、“現代風”な代替案として、ロボットのペットを考えてみてはいかがだろう。

・まるで本物?!水中用ロボットクラゲ

Hexbugが手がける「HEXBUG AquaBot Jellyfish」は、いわゆる“水中用ロボットクラゲ”である。バッテリーで動作し、あたかも本物のクラゲのように泳ぐ。

よく見るとメカパーツであったり、カラフルな色が本物とは違うものの、見た目の印象はかなり本物のクラゲに近い。

・プログラムされた15の遊泳パターン

18本の触手、羽根車のパワフルなモーター、LEDライトを搭載。

「HEXBUG AquaBot Jellyfish」には、15の遊泳パターンがあらかじめプログラムされていて、モーターの回転や、触手の動きによって、まるで本物のクラゲのような優雅な遊泳が実現されている。

・省エネのために、自動でスリープモードに

数分間動くと、電池節約のためにスリープモードになるが、水に手を入れてロボットに直接触れるか、あるいは水槽の壁をトントンと叩くと、内蔵のセンサーが作動してスリープモードが解除され、再び遊泳を開始する。

・全5色展開のアクアボット

“2015 Toy Fair”でお披露目されたこのアクアボット。カラーは、緑、青、赤、紫、オレンジの全5色で、価格は約15ドル。お世話要らずのクラゲ、あなたのペットにいかが。

HEXBUG AquaBot Jellyfish

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP