体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フジファブリックがウルフルズ、キュウソと奇跡のコラボ、カヴァーを披露

フジファブリックがウルフルズ、キュウソと奇跡のコラボ、カヴァーを披露

フジファブリックが昨年、プライベートで親交のあるASIAN KUNG-FU GENERATION、Salyu、秦 基博、レキシと4日間に渡り東名阪で開催して話題となった自主企画2マンライブ「フジフレンドパーク」。このライブが今年、7月1日と7月2日にZepp DiverCity Tokyoにて開催された。

初日に出演したのはキュウソネコカミ。

彼らは昔フジファブリックのコピーバンドをしており、今もライブでカヴァーをしているというという事で、嬉しく思っていたフジファブリックが出演オファー。

この日、トップバッターで出演したキュウソネコカミは、「GALAXY」「ファントムヴァイブレーション」と勢いある楽曲で一気に会場を盛り上げる。

「最後に両バンド良かったっすね!ファンなりましたよ!って空間を作るのは君たちだぞ!」とボーカルのヤマサキセイヤが会場に呼びかけ、今月リリースのシングル「MEGA SHAKE IT!」を演奏。

そして、フジファブリックの「モノノケハカランダ」のカヴァーで両ファンがさらに盛り上がりをみせる。

ライブ中では、ヤマサキが自身のライブではお馴染みの客に足を支えてもらって歩くダイブというパフォーマンスで初のお客さんを驚かせたり、ドラゴンボールのフリーザの衣装に着替えてパフォーマンスすると、同じくドラゴンボールの”桃白白”に扮したフジファブリックの金澤ダイスケが登場。

ヤマサキの筋斗雲に対抗し桃白白扮する金澤は柱で客席の上に乗って対決するというパフォーマンスで会場を沸かせた。

そして、最後にメジャーデビュー作品「チェンジ ザ ワールド」に収録されている「ビビった」で、今最も勢いのあるバンドの一つと言われてる所以のスピード感ある演奏を見せつけステージを終えた。

続いてフジファブリックの登場。

若いバンドの勢いに負けないとばかりに、「銀河」「夜明けのBEAT」「シャリー」とアップナンバーを畳みかける。

ボーカル&ギターの山内は「キュウソ凄かったね!先輩らしく負けないように頑張りたいと思います!」と言うと、先週リリースしたばかりのミニアルバム「BOYS」から「夢みるルーザー」と「Green Bird」を演奏。

すると、ここで突然山内が「キュウソのカヴァーがカッコよかったし、嬉しかった。そして俺も”桃白白”やりたかった!羨ましい!」と言うと、ドラゴンボールのテーマソング「CHA-LA HEAD-CHA-LA」をバンドでカヴァー。

「この勢いのまま飛ばしていくぞ!」と、本編最後まで熱のあるパフォーマンスで駆け抜けた。

アンコールでは、この日のみ販売のコラボTシャツに着替えた2バンドが一緒に登場し、キュウソネコカミが自身の初ワンマンで演奏したというフジファブリックの「虹」をコラボレーションした。

2日目は、フジファブリックの山内が初めてCDを買ったアーティストである、ウルフルズとの対バン。

敬愛していながらも未だバンド共演した事が一度も無かったのだが、今回遂に念願叶う事となった。

最初に先輩ウルフルズが登場し、トータス松本が「まずは僕らが盛り上げますから!」とコール&レスポンスをはじめ、大ヒット曲「ガッツだぜ!!」からスタート。会場に歓声と大合唱が沸き起こる。

そして「SUN SUN SUN’95」「借金大王」とさらに盛り上げていき、9月にリリースされるニューアルバム『ボンツビワイワイ』の表題曲で、秋公開の映画「探検隊の栄光」の主題歌「ボンツビワイワイ」を演奏。

続く「笑えれば」では、貫禄ある演奏でしっとり聴かせた。

ここで「総ちゃーん!」と山内を呼び込み、関西弁のセリフ入りの「サマータイム・ブルース」(憂歌団ヴァージョン)をコラボレーション。

そして、会場全員で大合唱となった「バンザイ~好きでよかった~」と、「バカサバイバー」「いい女」と貫禄あるパフォーマンスでステージを後にした。

続いてフジファブリックが「陽炎」でスタート。

「はじまりのうた」「Sugar!!」と続けて盛り上げる。

山内が「初めて買ったCDがウルフルズで、そのステージにさっき出させてもらって涙が出るような感動をしました」と言うと会場から拍手が。もちろんこの日も新曲「夢みるルーザー」と「Green Bird」を演奏。

そして、ウルフルズの「バンザイ~好きでよかった~」をカバー。すると思わず歌詞を間違えてしまった山内。

アンコールで登場すると、「なんで間違うかな~。初めて買ったCDなのに、、。」と反省しきり。

ウルフルズを呼び込むと、トータスは「いきなり”バンザイ”歌いだしたからソコで見てたよ。嬉しかったよ。間違えてたけど!」と言って会場の笑いを誘い、ここでフジファブリックのベース加藤もギターを持ち7人全員で「ええねん」をコラボレーションした。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。