ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シュワちゃんターミネーター日本上陸!「アクションだけじゃない、親子愛が泣けるぜ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
シュワちゃんターミネーター日本上陸!「アクションだけじゃない、親子愛が泣けるぜ」

5日(日)、人気シリーズ最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の来日を記念したミニ会見が都内で行われ、T-800ターミネーターを12年ぶりに演じるアーノルド・シュワルツェネッガーと、サラ・コナー役のエミリア・クラークが登壇。最新作の鑑賞ポイントは大迫力アクションや驚異のCG映像を超えて、”親子のきずな”であることを強調した。

シリーズ全世界累計興行収入約1,680億円以上! 日本でも累計興行収入220億円を超の驚異的な記録を打ち立てたSFアクション映画の金字塔『ターミネーター』シリーズ。日本公開30周年を迎える今夏、T-800ターミネーターとして公約の”アイルビーバック!!”を実現したシュワルツェネッガーは、「1970年代以来、何度も日本に来ているが、来るたびに成功する。ファンのおかげ。つまるところ、I Love Japan!! と言いたい!」と感激コメント。今回初来日を果たしたエミリアも「想像以上の国で、素敵な滞在。『ターミネーター』で来日が叶ってラッキーだわ。アーノルドの隣もラッキーよ」と興奮気味に喜びを語った。

同シリーズの生みの親ジェームズ・キャメロン監督が太鼓判を押すなど、圧倒的なクオリティーに期待が高まる『ターミネーター:新起動/ジェニシス』。その鑑賞ポイントは大迫力アクションや驚異のCG映像だけでなく、”親子のきずな”も見逃せないそうで、シュワルツェネッガーは「ファンはアクションなどのスゴさを予想しているが、一番はサラとT-800の人間関係だ。これが非常に胸を打つので、予想を裏切るだろうね! ツイッターを見ると、『まさに感情に訴える!』『泣いた!』『涙が出た!』『感情のローラーコスターだ!』みたいな感想が多いな(笑)。満足している」と評判を引き合いに出してアピール。エミリアも「スクリーンの中では父と娘のような関係が、美しく描かれているの。ロボットの父親と娘だからこそ生まれるユーモアが時々あって、期待してほしいわ」とドラマ面を推す。

滞在中に日本での取材をこなす予定のシュワルツェネッガーとエミリアは、日本公開直前の7月6日(月)に、東京の六本木ヒルズ・アリーナで開催される本作のジャパン・プレミアに揃って出席の予定。あの国民的コンテンツ「妖怪ウォッチ」の人気キャラクター”ロボニャン”とジャパン・プレミアのレッドカーペットで奇跡の初対面を予定している。

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、2015年7月10日(金)、全国ロードショー!

https://youtu.be/PcgYVXcsebY

■参照リンク
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
http://www.terminator-movie.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

『ターミネーター:新起動』シュワちゃんに会えるレッドカーペットイベントにご招待
J・キャメロン絶賛!新『ターミネーター』はオマージュ全開、サラ・コナーがあの台詞を!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。