ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】30秒間に330文字! 悠木碧の早口言葉がスゴすぎる「ダッシュエックス文庫」CMメイキング

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨年11月にオープンした、集英社の新ライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」。本レーベルから初のアニメ化作品となる『六花の勇者』(山形石雄 イラスト/宮城)の放送開始を記念して、ヒロイン フレミーを演じる人気声優・悠木碧がナレーションを務める『伝えたいことが多すぎる!ダッシュエックス文庫!!』CMが放送中。メイキング映像が解禁となりました。

解禁となった特別映像では、なんと30秒の間に330文字もの量を音読! 「ダッシュエックス文庫」の最大の強みである“魅力的なキャラクター”をナレーションベースで伝えるCMとそのメイキング映像。今回のCMでは同レーベルの人気作、圧倒的アドベンチャー『クロニクル・レギオン』を題材にナレーションに挑戦しています。

ナレーションや話し方のプロと言われるアナウンサーでも1分間に300文字(30秒で150文字)が基本とされている中、その倍以上の文字量、さらに抑揚を付けてのチャレンジには“早口言葉が得意”だという悠木碧も「これはマズイぞ、普通に5、6回間違えるかもしれないですね」と苦笑い。

『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公 鹿目まどかや、『妖怪ウォッチ』セカンドシーズン「未空イナホ」など数々の人気作で声優を努めてきた悠木碧は、2011年度の第6回声優アワードでは歴代最年少の19歳で主演女優賞を受賞するなど、その演技力にも定評があります。

今回も練習では「つらたん……」と弱音を吐いていたが、聞き取りやすさを前提にしながらも抑揚を付け、伝わりやすさにこだわりながら、本番ではたった1回のチャレンジでOKテイクに! 切り貼りや速度を変える編集など一切していない、あお様の妙技にご注目!

悠木碧の早口言葉がスゴすぎる! 30秒間に330文字
https://www.youtube.com/watch?v=Dczr1zMP_zY

【悠木碧さんコメント】

『六花の勇者』について
『六花の勇者』はそれぞれキャラクターの見た目と本当の姿とのギャップが凄く魅力的で、面白い作品です! 私が演じる勇者フレミーは一見ミステリアスな少女です。孤独な役柄で声のトーンも低いですが、話が進む毎に彼女の本当の気持ちも分かってきて、最初に抱いた印象と全く変わってくるのがまたいいんです! 是非今回のCMで興味を惹かれたら、アニメも原作も、一緒に楽しんで貰いたいです。

「ダッシュエックス文庫」について
「ダッシュエックス文庫」初のアニメ化作品に声優として選んで頂いて光栄です!どの作品も凄く面白くて好きなキャラクターばかりなので今後もどんどんアニメ化されるといいなと思っています。CMでもキャラクターや作品の魅力が少しでもお伝えできれば嬉しいです!

http://dash.shueisha.co.jp/dx/

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP