ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『バクマン。』サカナクションと『進撃』鷺巣、Hey!Say!JUMPとNEWSが貫禄1位、乃木坂に続く坂道は?:今週の邦楽まとめニュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週の邦楽まとめニュースは映画の話題から。いずれも漫画を原作にした実写映画『バクマン。』と『進撃の巨人』に関するニュースが今週相次いだ。いまや国民的なバンドのサカナクションは、映画『バクマン。』で主題歌とバンド初の劇伴を担当。一方、『進撃の巨人』の劇伴を手掛けるのは『エヴァ』シリーズで知られる作曲家の鷺巣詩郎。今週、そのサントラCDの詳細も明らかになった。

サカナクション、映画『バクマン。』で映画音楽を初担当 予告動画で新主題歌も解禁
映画『進撃の巨人』史上初となる軍艦島での会見実施、水原「エネルギーを感じた場所」
『エヴァ』鷺巣詩郎が手掛けた『進撃の巨人』サントラの詳細が判明

 バンド系では、怒髪天、flumpool、THE BACK HORNがそれぞれ新作シングルとアルバムのリリースをそれぞれ発表している。

怒髪天『音楽的厨房』リリース決定&8月にはフリーライブツアーも
flumpool、ニューSGタイトル決定&ジャケット写真、アーティスト写真も公開
THE BACK HORN 新シングル『悪人/その先へ』発売決定 初回盤特典は『イキルサイノウ』完全再現ライブDVD

 さらに、新作のリリースを発表したのが、ゲスの極み乙女。のフロントマン=川谷絵音が同じくフロントマンをつとめるバンド、indigo la End。バンド初の両A面シングルを9月にリリースする。また、そのゲスの極み乙女。は、今週から放送スタートしたトヨタ自動車のCMに出演。“トヨタ初”のTwitterハッシュタグを使ったキャンペーンも開始している。

indigo la End、バンド初の両A面シングルを9月にリリース
ゲスの極み乙女。が車を囲んで演奏する新CMに出演 “トヨタ初”のハッシュタグ・キャンペーンでアリーナツアーも

 今週リリース発表されたアルバムでは、神戸出身のトラックメイカー=tofubeatsのメジャー2ndアルバム『POSITIVE』も話題に。また、todubeatsは、8月に行われる米国のディスコ/ブギー・ユニット=タキシードの単独公演のオープニングDJとして出演することも今週あわせて発表している。

tofubeats、メジャー2ndアルバム『POSITIVE』を9月リリース バラエティに富んだ豪華コラボに期待
tofubeats、8月のタキシード単独公演にオープニングDJとして出演決定

 今週のチャートは、Hey!Say!JUMPがビルボードアルバムチャート1位に。CDセールスの勢いそのままに、総合チャートでも1位と貫禄を見せた。

Hey!Say!JUMPが下馬評通りビルボードアルバムチャート1位に、ミスチルは累計50万枚突破
Hey!Say!JUMP、セールスでの強さを見せつけアルバム複合チャート制覇!

 シングルチャートではNEWS「チュムチュム」が総合1位。こちらもCDセールス指標での圧倒的な強さが印象的なチャートアクションとなっている。

NEWS「チュムチュム」3指標で1位、大差でビルボード総合首位獲得
NEWS“和”に続き“インド”をテーマにしたSg『チュムチュム』でビルボードセールス1位獲得

 ジャンル別チャートでは『うたプリ』シリーズ最新曲が久々の首位獲得。一方、クラシックチャートはニュージーランドから来たヴォーカル・トリオ、ソレ・ミオが初登場1位となった。

『うたプリ』シリーズ新曲が久々のアニメチャート1位獲得 Youtube個別では「紅蓮の弓矢」が急浮上
ニュージーランドから来た“あったかい”ヴォーカル・トリオ、ソレ・ミオ デビューアルバム初登場第1位

 最後はアイドルの話題。乃木坂46は初のドキュメンタリー映画、『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』が公開間近。また、グループの結成4年を祝し、新たな“坂道シリーズ”の募集も開始している。

乃木坂46初ドキュメンタリー映画 全国10都市全17会場“弾丸”舞台挨拶決定「みなさんと一緒にこの作品を完成できれば」
乃木坂46の結成から4年、新たな“坂道シリーズ”募集開始!
乃木坂46 アイドルとして活動する現実を再認識するメンバー描いたMV公開

その他注目の邦楽ニュース
BUMP OF CHICKEN 8/4横浜アリーナSPライブを全国劇場でライブビューイング
松崎しげる主催【黒フェス】ももクロ/葉加瀬/SuGらに続き、サイサイ/LE VELVETS/西村由紀江/コロッケ/たいめいけん参戦決定
福山雅治 デビュー25周年記念【福山☆夏の大創業祭 2015】チケット一般発売間近
ゆず、2025年の渋谷を舞台にした新曲MVが公開
超特急、最新ビジュアルと新曲タイトルを公開 主題歌ドラマの世界観とリンク

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP