ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple Musicローンチ、カーリー来日、ウィズ・カリファいまだ連続1位:今週の洋楽まとめニュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週の洋楽ニュース。やはり大きな注目を集めたのはアップルの新サービス<Apple Music>。今週iOSのアップデートとともにいよいよローンチし、国内外で大きな反響を呼んでいる。ローンチ前はテイラー・スウィフトと一悶着あった<Apple Music>だが、今後リスナーに、どのように受容されていくのか。引き続き注目が集まりそうだ。

Apple Musicのサービス開始に向け、競合Pandoraの株価下落
プリンス、TIDAL以外の全ストリーミング・サービスから楽曲を取り下げる

 今週、ビルボード国内洋楽チャート1位に返り咲いたのは、カーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。先週、本国に大幅に先行してアルバムを日本発売、さらにプロモ来日まで果たしたカーリーだが、その効果あって日本で注目度が急浮上した。アルバムも既に各所で賞賛されており、彼女のポジションを更に押し上げる1作になりそうだ。

カーリー・レイ・ジェプセン、洋楽チャート1位に返り咲き! ウィズ・カリファ首位最長記録更新ならず
カーリー・レイ・ジェプセン、アルバム発売イベントで新曲披露「日本は第二の故郷」
Album Review:カーリー・レイ・ジェプセン『E・MO・TION』 温故知新のアイデアで磨き上げた上質なポップ・アルバム

 今週の本国でのビルボードチャートは、シングルチャートでウィズ・カリファが11週目の1位キープ。また、アルバムチャートでは、活動再開後初のアルバムとなったロック・バンド、ブレイキング・ベンジャミンが首位獲得。その他の注目ナンバー/アルバムのチャート動向も夏前にぜひケアしておこう。

ウィズ・カリファ 米ビルボード・シングル・チャート11週目の1位をキープ、オーミがTOP3圏内に浮上
ブレイキング・ベンジャミン 活動再開後初の新作が米ビルボード・アルバム・チャート1位に、注目の新星トリ・ケリーは2位初登場

 先週、突如入院の報が流れたジョニ・ミッチェル。今週、彼女が「発話困難だ」とする噂を公式サイトが訂正するという流れとなった。公式サイトによれば、ミッチェルは順調な回復を見せているらしく、いまのところ一安心というところの様子。一日も早い復帰を願おう。

ジョニ・ミッチェルの病状と“カニエはマヌケな目立ちたがり屋”発言についてD・クロスビーが語る
ジョニ・ミッチェルは話が出来ている……公式サイトに真の情報を掲載

 最後は来日公演の話題を二つ。女優としても活躍する歌手のジョス・ストーンが8年ぶりの来日公演を決定。また、カナダ出身の新鋭バンド、ザ・スパンデッツの来日公演も9月に決定している。

ジョス・ストーン、女優としても躍進するブルース歌姫が8年ぶりの来日公演決定
カナダ発の10人組バンド、ザ・スパンデッツ、最新作を引っ提げて9月に来日公演を開催

その他注目の洋楽ニュース
ジ・インターネット、オッド・フューチャーの紅一点が率いる新世代ソウルバンドの新アルバムが国内発売
ケンドリック・ラマー、およそ7分の「オールライト」MVを公開
スクリレックス&ディプロ「Where Are U Now」ジャスティン・ビーバーをフィーチャーしたMV解禁
反対署名が集まったカニエ・ウェストのステージに英コメディアンが乱入し中断
イエスのベーシスト、クリス・スクワイア(67)が他界

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP