ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アリ・ラーター主演ホラー映画『ディアボリカル』8月公開、ポスタービジュアル解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アリステア・ルグラン監督が映画『バイオハザード』シリーズのアリ・ラーターを主演に迎え挑んだSF・タイムスリップ・ホラー映画『ディアボリカル』が、8月22日より渋谷TOEI他にて公開されることが決定し、日本版ポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、家の中で起こる、対処不可能な異常事態に陥った一家の運命を描くハイクオリティ・ホラー映画である。インディペンデント映画界の新鋭たちが集うSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)映画祭では大反響を呼び、TVドラマ『HEROES/ヒーローズ』や『バイオハザード』シリーズの美人女優アリ・ラーター以外は無名のスタッフとキャストが放った、ありふれた“呪い”を凌駕する新たな恐怖の創造に挑み、観客に未知の極限状態をもたらす野心作となっている。

 とある郊外の住宅街に住む幼い息子と娘を育てているシングルマザー、マディソン(アリ・ラーター)は夜ごとに繰り返される不気味な出来事に悩んでいた。マディソンの家の中では、謎の発光現象や震動が発生し、顔面が溶け、身体が血まみれの怪人がどこからともなく出没する。警察には相手にされず、超常現象の専門家も何かに脅え逃げ出してしまう。原因がさっぱりわからない中、怪人の恐怖はエスカレートし、マディソンの子供たちまで襲い始めた。インターネットで怪しげな研究所の存在を知ったマディソンは、科学教師の恋人ニックとともに本格的な調査を始め、マディソンが突き止めたのは、時空の概念を超えた驚愕の真実だった。

 日本版ポスターは、中心に煙の中にボロボロに崩れた顔らしきものが浮かび、その周りには苦悶の表情を浮かべ叫ぶ人間たちが描かれている。時空を超えてやってきたのは、悪霊なのか、宇宙人なのか、怪物なのか、ただのホラー映画ではなく“ホラー×SF”を表現した未来感あるポスタービジュアルへと仕上がっている。

◎公開情報
『ディアボリカル』
2015年8月22日(土)、渋谷TOEIほか全国ロードショー
出演:アリ・ラーター、アルジュン・グプタ、パトリック・フィッシュラー
監督・脚本:アリステア・ルグラン
脚本:ルーク・ハーヴィス
製作:ロス・M・ディナースタイン
配給:プレシディオ
協力:松竹
(C)2014 CAMSET FILMS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事リンク(外部サイト)

映画『ミニオンズ』LAプレミア、天海祐希らが登場しサンドラ・ブロックとの共演も
『エヴァ』鷺巣詩郎が手掛けた『進撃の巨人』サントラの詳細が判明
サカナクション、映画『バクマン。』で映画音楽を初担当 予告動画で新主題歌も解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP