ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FIFA幹部「汚職逮捕」で噴出 日韓W杯「韓国4位」八百長疑惑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スイス・チューリッヒの静謐(せいひつ)な湖畔が突如喧騒に包まれた。5月28日、米司法省の依頼を受けたスイス当局がFIFA(国際サッカー連盟)の幹部7人を贈収賄や資金洗浄の疑いで逮捕した。不正資金の総額は現時点で約1億5000万ドル。捜査の進捗が望まれるなか、“あの疑惑”の解明を望む声まで出始めた。

 摘発は「序章」に過ぎない。米司法省の起訴状によれば、腐敗は約20年前から始まっていたという。既に辞任を発表したゼップ・ブラッター会長以下、不正に関わった幹部は戦々恐々としているだろう。さらにFIFA汚職問題は、思わぬ場所に飛び火した。

〈きっと2002年ワールドカップについても賄賂が明らかになるだろう〉

 FIFA幹部の逮捕翌日、イタリア紙「コリエレ・デッロ・スポルト」は、こんな疑義を呈した。記事の意味するところは、日韓W杯、決勝トーナメント1回戦の韓国対イタリアにおける“疑惑の判定”の真相究明である。

 韓国代表の悪質なスライディングが相次いでも笛はならない。そして1対1で迎えた後半アディショナルタイム、イタリアの10番・トッティーがシミュレーション(審判を欺くプレー)をとられ、逆に退場に。劣勢となったイタリアはその後、延長戦で力尽き、韓国の安貞桓(アンジョンファン)が劇的ヘディングで決勝点を挙げた。

 韓国寄りのジャッジは、ホームコートアドバンテージと呼ぶには余りあった。その後、主審のエクアドル人のバイロン・モレノ氏が違法薬物売買で逮捕されたことと相俟って、憶測を呼んだ。審判は買収されていたのではないか。大会を盛り上げるために開催国を勝たせたに違いない。

 今回の伊紙報道は、FIFAの不正捜査が進めば、2002年の疑惑の解明も進むと報じる。イタリアの政治家・ラファエル・ラヌチは「日韓W杯で私たちが提起した疑惑が、今回の事件を通じて事実ということが明確になった」とまで語った。同様に、韓国への疑義を報じた国がもう1か国。やはり同大会準々決勝で韓国に敗れたスペインである。

 この試合、優勢に進めていたスペインは、2度ネットを揺らすもゴール判定ならず。最初は、その前段にファウルがあったとして無効になり、次は、ゴールに直結するセンタリングを上げた選手がラインを割っていたと判定された。

 スペインスポーツ紙「マルカ」(5月28日付)は、〈(今回逮捕された)ジャック・ワーナー副会長が日韓W杯の不公平な判定の中心人物である〉と報じた。

 記事によればワーナー氏は、同試合でエジプト出身の主審、アール・ガンドゥル氏を直接指名。さらに副審は、ワーナー氏と同じ出身国のマイケル・ラグナス氏だった。このラグナス氏が、スペインの二得点を「幻のゴール」にした張本人だと綴られる。

 現段階で、米司法省からの発表に審判買収といった余罪は記されていない。4年に1度の大舞台で苦杯をなめたイタリア、スペインの“意趣返し”に思えなくもない。

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
サッカーW杯世界10大誤審 韓国戦が4つでランクインする
謀略好きの韓国 日韓W杯で伊代表のホテルで蛇出たとの話も
総人口の移民割合 ルクセンブルク42.1%、米13.0%、日1.1%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。