ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一氏 川上哲治氏なら故障持ち阿部は使わず戦力外じゃ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人のV9最初の年から50年目にあたる今年、『巨人V9の真実』(小学館)が単行本として出版される。その出版を記念し、V9時代を支えた巨人のエース、400勝投手の金田正一氏、「エースのジョー」と呼ばれた城之内邦雄氏、そして栄光の18番を背負った堀内恒夫氏が一堂に会した座談会を開催。かつてのエースたちが、現在の巨人軍について語りあった。

金田正一(以下、金田):しかし今年の巨人は弱いなァ。

堀内恒夫(以下、堀内):なあに、いいコーチがいるから大丈夫ですよ。

金田:皮肉だな(笑い)。

城之内邦雄(以下、城之内):しかし、首位なのに貯金無し(注・取材時)というのは何とも。

堀内:見ているほうは面白いんじゃないですか。こんな低レベルな戦いも。

城之内:特に守備がダメ。6月24日の横浜戦は酷かった。1回1死一、二塁の場面で筒香(嘉智)の二塁ゴロが併殺崩れになり、二塁走者が生還。あんな野球見たことない。

金田:その場面はワシも見ていたが、一塁の阿部(慎之助)が送球を受けた時、二塁走者を見ていないから生還させてしまったんだ。あり得ないミスですよ。

堀内:川上(哲治)さんなら「多摩川(二軍)送り」ですね。

金田:川上さんは、そもそも阿部は使わないよ。コンバートの考え方が根本的に違う。あの人は若く可能性がある選手しかコンバートさせない。王(貞治)や柴田(勲)を投手から野手にしたのも入団直後だった。あんな故障持ちは戦力外だ。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人V9鉄壁の内野を築いた秘密のサインを黒江透修氏が明かす
堀内恒夫氏 V9時代の川上哲治監督の巧みな人心掌握術を語る
川上哲治氏「とにかく勝利への執念すごかった」とV9戦士が述懐

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP