ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魔法の「錬金術」 レシートやトイレットペーパーの芯がお金に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 不要なレシート、シミがついて着なくなった衣類、壊れた家電――いつも捨てている家庭のごみをなんと“お金”に変えられる魔法の錬金術がある。円安の影響で値上げラッシュが続いている中、家計難を乗り切る一助に。

 捨てる神あれば拾う神あり――当たり前に捨てているごみがお金に変えられることをご存じだろうか? 節約アドバイザーの丸山晴美さんが言う。

「ほんの少しの手間をかけるだけで、ごみが“お金”になる方法があります。現代では、“何でもかんでも捨てない”ことが節約に有効なんです」(丸山さん)

 早速、“魔法の錬金術”を紹介しよう。お財布に入っている大量の不要なレシート…それが“あるサービス”を使えば有効利用できる。

 インターネットサイト『レシポ!』は無料会員登録後、対象商品を、スーパーやコンビニで買って、レシートの写真をサイトに送るとポイントがもらえる。

「対象商品は、ブランド指定の場合もありますが、“食パン”や“台所洗剤”など、おおざっぱなカテゴリーも多く、主婦なら日々買う食品や日用品ばかり。ポイント獲得のためにわざわざ商品を買う必要がありません」(丸山さん)

 例えば、じゃがいもは店舗や種類を問わず、レシート1枚で5ポイント貯まる。500ポイントでアマゾンギフト券500円分、5000ポイントでQUOカード5000円分に交換できる。お得度も使い勝手もかなりよい。

「パソコンかスマホがあれば誰でもすぐにできますよ。捨てるレシートがお金になります」(丸山さん)

 家電などの粗大ごみは、捨てるときにお金がかかってしまう。そんなときにおすすめなのが、ネットオークションだ。  「壊れてしまった家電や電化製品はジャンク品として売れるケースがあります。部品を探している人に需要があるんです」(丸山さん)

 その他、トイレットペーパーの芯は子供の工作用に売れる。大手ネットオークションサイト『ヤフオク!』で、芯100本が500円で落札されていたことがある。

「子供が使い終わった教科書も、書店で手に入りにくいせいか、ネットなどで売れるようです」(丸山さん)

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
冷蔵庫の電気代節約法「ビールは飲む分だけを冷やしておく」
飲み会で得する術 幹事やりクレジットカードのポイント獲得
楽天Edyを使った「ポイント4重取り」の節約テクニック

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。