体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】パリ『ジャパンエキスポ』で韓国業者が日本国旗をかかげ韓国グッズ販売 / 会場で問題視

japan2015-10

2015年7月2~5日の期間でパリで開催されている第16回『ジャパンエキスポ』。日本文化、アニメ、漫画、ゲーム、芸能、あらゆるジャパンカルチャーを伝えるべく開催されており、毎回、多くの日本ファンたちがかけつける人気イベントとなっている。

・韓国業者が日本国旗をかかげて販売
そんな『ジャパンエキスポ』を訪れた人から「違和感があるブースだ」との声があがっており、物議をかもしている。韓国業者が日本国旗をかかげ、韓国グッズを販売しているというのだ。

japan2015-07 japan2015-12

・グッズのほとんどが韓国アーティスト
実際に現地で「問題のブース」を見てみたところ、確かに違和感があった。韓国業者が日本の国旗をかかげ、韓国人アーティストのCD、DVD、グッズなどを販売しているのだ。日本のアーティストによるDVDも置かれていたが、ほとんどが韓国アーティストのものだった。

japan2015-11 japan2015-06 japan2015-08

・日本語コーナーにハングル文字
「外国人の名前をひらがなで書くサービス」も行われており、こちらは1回10ユーロ(1400円)。日本語の掛軸(かけじく)も販売されていたが、なぜかハングル文字の掛軸がいちばん目立つ場所に飾られていた。

japan2015-04 japan2015-03 japan2015-02 japan2015-01 japan2015-05

・モニターの映像も韓国人アーティスト
日本人アーティストの商品は店頭の目立つ場所(ガラスケースなど)に置き、店内を覗くと「ほとんど韓国人アーティストの商品」というブースもある。モニターで流される映像が韓国人アーティストばかりというブースもあった。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。