体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みみめめMIMI、約1年ぶり単独公演「ライヴがこんなに大きな存在になるとは思いませんでした」——OTOTOYライヴ・レポート

みみめめMIMI、約1年ぶり単独公演「ライヴがこんなに大きな存在になるとは思いませんでした」——OTOTOYライヴ・レポート

シンガーソングライターで声優のタカオユキとイラストレーターのちゃもーいによる新世代視聴覚ユニット、みみめめMIMIが東京では約1年ぶりとなるワンマン・ライヴ〈CANDY MAGIC SHOW~梅雨だけど雨じゃなくて飴を降らせまSHOW!▷○◁~〉を6月28日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催した。

アップ・テンポな曲で場内は熱狂的な盛り上がりをみせる一方、弾き語り演奏ではタカオがヴォーカリストとしての高い表現力をみせるなど、緩急をうまく使い分けたセットリストと歌、演奏に終始引き込まれた。

鐘の音がライヴのはじまりを告げると、大きなキャンディーがぶら下がった、まるでアニメの世界から飛び出してきたかのようなステージにドラマーMAIMAIこと今村舞、DJうこっけいことありぃ、そしてポップでキュートなワンピースを着たタカオが手拍子をしながら登場。1曲目「センチメンタルラブ」がスタートすると、客席は一斉にサイリウムを光らせた。「〈CANDY MAGIC SHOW〉へようこそ!」とあいさつすると、タカオはタンバリンを叩きながら「閃光ハナビ」を歌唱。続く「ミディ」では、ステージを左右に動きまわって客席をあおり、場内は早くも熱気に包まれていった。

「みみめめMIMIです! みなさん、ようこそお越しくださいました! 梅雨だけど晴れました!!」と喜びを爆発させる。「東京でのワンマン・ライヴ、すごく楽しみにしていました」と話すと、ライヴやレコーディングの日には必ず食べるというケンタッキーのオリジナルチキンの話題へ。「脂が喉にフィットするんです。今日は楽しみすぎて3個食べた!」と無邪気に話すと、会場は和やかなムードになった。

「今日は去年発売した1stアルバムから、たくさんみなさんにお届けしたいと思います。最後まで楽しんでいってください」と告げると、ここからはタカオがキーボード演奏も披露する。「お絵描き」で力強い歌声を聴かせると、「no name love song」では一転してせつなく歌いあげ、彼女のヴォーカリストとしての表現力の幅広さを垣間見せた。そして「サヨナラ嘘ツキ」では、キーボードのみでの弾き語り演奏で観客を魅了した。

タカオのキーボード演奏はここで一旦終了。配信番組の企画から生まれたという即興ソング”お弁当の歌”を披露すると、「OBENTO お弁当」コールで場内は一体となった。さらに「みみめめMIMI」のコール・アンド・レスポンスを挟み、「瞬間リアリティ」では客席が一斉にジャンプするなど、終盤に向けて熱気はぐんぐん上昇していった。「次が最後の曲です! みんなもっともっと声せますか!? もっと盛り上がれますか!?」と叫ぶと、ラストは「サヨナラ嘘ツキ」をバンド・バージョンで披露。ステージ背後のスクリーンにはちゃもーいによるMVが映し出され「オイオイ」コールが響くなか、エモーショナルに歌いきった。

「みみめめMIMI」コールに応えて、「CANDY MAGIC」の衣装に着替えたタカオがステージに戻る。「ちゃもーいの絵をもとに作ってくださいました」とうれしそうに話すと、「1年前は緊張していたんですけど、今日はこうやって暖かい気持ちで、みなさんにパワーをもらいながらやっています。みなさんのおかげです」と感謝。「いま一番聴いてほしい曲をやります。誰もが一度は感じたことがあるキュンとした思いをつめこんだ青春の歌です」と曲紹介すると、「CANDY MAGIC」からアンコールがはじまる。曲中に場内にはシャボン玉が舞い、客席には色とりどりのサイリウムが光っていた。

MAIMAIとDJうこっけいをステージ前方に呼び、改めて客席に紹介すると、ふたりは拍手に包まれながらステージを去る。ひとりになったタカオが「去年はじめてみなさんの前に、みみめめMIMIとして表に立って、それから1年間、ライヴ活動がはじまって。自分にとってこんなにライヴというものが大きな存在になるとは思っていませんでした。こうして直接みなさんに歌を届けられるっていうライヴが大好きになって、今日は本当に楽しかったです」と初ライヴからこれまでの心境の変化を語る。そして「これからも、こうやってみなさんに届けることをイメージして曲を作っていきたいし、みなさんにいまのみみめめMIMIを感じてもらえたらうれしいです。これからも、みみめめMIMIを本当に期待してください。これからもよろしくお願いします」と話した。

最後にピアノの弾き語りで1stアルバム『迷宮センチメンタル』の最後を飾る「SAY-YOU」を披露。歌詞を噛みしめるように、ゆっくりと感情を込めながら歌った。圧倒的な演奏にじっと聴き入っていた観客は、曲が終わると精一杯の拍手を贈った。そしてここで、9月21日に代官山UNITで自主企画を開催することを発表。喜びの歓声が沸き起こるなか、「またそこで会いましょう! みみめめMIMI、ヴォーカルのタカオユキでした。ありがとうございました!」とあいさつして、ライヴは終了した。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。