体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サラリーマンに高まる「複業」のニーズ 大手企業も注目「キャリア開発のツールになる」

生活・趣味
サラリーマンに高まる「複業」のニーズ 大手企業も注目「キャリア開発のツールになる」

これまでサラリーマンの間でタブー視されてきた副業を、積極的に推奨している会社がある。2015年7月1日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)は、人手不足のなか、副業を新たな考え方で事業に生かす企業を取材していた。

東京・渋谷でネットショッピング事業などを行うエンファクトリーは、「専業禁止」を掲げ業績アップにつなげている。就業時間内の副業も自由で、副業の打ち合わせで堂々と外出もできる。社長の加藤健太郎さんは、推奨の理由をこう語る。

「経営者意識が養われる。コストがかからず人材が育つ。下手な研修をやるよりよっぽど効果的です」

残業時間が2割削減。会社も業績右肩上がり

守るべきルールは、ただひとつ。それは「オープンにする」ことだ。半年に一度、社外の人も招いた副業セミナーで自分の副業の成果をすべて報告しなくてはならない。

発表に立った山崎俊彦さんは、去年から手作りの服やグッズを「はなペチャ家」というサイトで販売している。デザインと制作を担当するのは奥さんで、モデルは飼い犬である3歳のパグの次郎だ。

「非常によく売れている」と話す山崎さんは、個人事業だが法人化したいと展望を明かした。さらに意外な効果についても語る。

「副業をやっていなかったときは、どうしてもだらだらと残業していた。今はしっかりと時間内に終わらせる形にして、残業時間を20%削減した」

副業を推奨してから社員の残業が半分になり、業績も右肩上がりだ。このセミナー自体も勉強会という硬い雰囲気ではなく、発表後は立食パーティーでアルコールも振る舞われる。招かれた他企業の労務・人材開発担当も、この取り組みに注目していた。

「ひと言でいうと、エネルギッシュ。タコツボ化しがちなエネルギーが、外を知ることでものすごく輝いていく」(東京電力・労務人事部の西村さん)
「話を聞いて、副業をキャリア開発の(ツールの)一つにできると思いました」(ヤフー・人材開発本部の斎藤さん)

「複業」容認で地方のエンジニア発掘

働く人側からも多様な働き方のニーズがあり、これに応えた新しいサービスも生まれている。求人サイトのパラフトは「副業OK」「時短」などの条件を満たす案件を集め、アイコンで表示している。

IT企業ダンクソフトで新規事業を担当する中村龍太さんは、このサイトに求人募集の相談をしていた。東京で奪い合いが起きるほど不足するITエンジニア確保のため、副業を希望する地方の人材に目を向けた。地方に埋もれた副業希望の即戦力を掘り起し、成長につなげようとする戦略だ。

実は中村さん自身が3つの仕事をかけ持つ「複業(パラレルワーク)」を行っており、誰よりもニーズを理解していた。中村さんは、これから労働人口の減少が進む中で、自分のライフスタイルに合った働き方を求める動きは高まっていくとみている。

1 2次のページ
キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会