ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】米国経済悪化の兆しなくドル買い再開も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が7月6日~7月10日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は底堅い動きとなりそうだ。2日に発表された米雇用統計は予想よりも弱かったことでドル売りが優勢となったが、米経済状況が悪化している兆候はなく、来週はドルを買い戻す動きが予想される。

 ただ、5日に行われるギリシャ国民投票の結果、市場の楽観論に反して緊縮財政を受け入れなかった場合、ユーロ売りが進み、ドル・円への波及に市場が警戒感を強める展開となる。その場合、リスク回避的な円買いが広がる可能性がある。

【ギリシャ国民投票】(5日)
 ギリシャの国民投票で、ギリシャが緊縮財政を受け入れるとの楽観論が広がっており、受け入れ拒否の結果となった場合の影響が懸念されている。その場合、ユーロ・ドル、ユーロ・円の値動きがドル・円に影響するとみて、警戒を強める。

 ドル・円は122円ちょうど付近は通貨オプション絡みのドル買いによって支えられるが、同時にこの水準にはストップロスも観測されており、下値に傾きやすい。

【FOMCの議事要旨公開】(8日)
 6月の米雇用統計を受け、早期利上げ期待感が縮小したことから、米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録(6月16、17日分)の発言内容が注目される。また、10日に行われるイエレンFRB議長の講演も関心が強まりそうだ。早期利上げの可能性を明示しなかった場合、ドルの上値はやや重くなる可能性がある。

 7月6日-10日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)6月労働市場情勢指数 6日(月)午後11時発表
・予想は、+2.0
 参考となる5月実績は+1.3。6月については、非農業部門雇用者数は5月実績を下回ったが、失業率は低下した。ただし、労働参加率はやや低下しており、5月実績をやや上回る水準にとどまる可能性がある。

○(米)5月貿易収支 7日(火)午後9時30分発表
・予想は、-428億ドル
 参考となる4月実績は-409億ドル。4月は輸入額が減少し、サービスの輸出は順調に拡大している。5月については、石油の輸出入による赤字が低水準を続けることやサービス輸出がまずまず順調であることから、赤字幅は4月実績に近い水準にとどまる可能性がある。

○(日)5月経常収支 8日(水)午前8時50分発表
・予想は、+1兆5636億円
 参考となる4月実績は+1兆3264億円。6月については、第1次所得収支の黒字が高水準を維持する見込みであることから、黒字幅は1兆円を超える見込み。貿易収支は赤字となる公算だが、赤字額に大きな変動はなく、市場予想は妥当な水準か。

○(日)6月国内企業物価指数 10日(金)午前8時50分発表
・予想は、前年比-2.2%
 参考となる5月実績は-2.1%。6月については円安進行でコスト転嫁の動きが広がる可能性があり、企業物価の下落幅はやや縮小する見込み。5月実績の前月比は+0.3%だった。ただし、需要増加による物価上昇は当面期待できない。

○日米の主な経済指標の発表予定は、8日(水):(日)6月景気ウォッチャー調査、9日(木):(日)5月機械受注、10日(金):(米)5月卸売在庫

【予想レンジ】
・米ドル/円:121円00銭-125円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
為替相場 1月にドル安・円高になると年内はそのままの傾向
1月がドル安なら1年ドル安傾向続く可能性高いと為替専門家
為替円安に向かえば「9月に日経平均1万円超えも」と専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP