体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が今すぐにはリメイクできない理由

エンタメ
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が今すぐにはリメイクできない理由

いまだに根強いファンを持つ映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が今すぐにはリメイクできない理由が話題になっている。

1985年に公開された『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ。SF、コメディ、アクションの要素を持つ同シリーズは計3作が製作されているが、監督/脚本のロバート・ゼメキス、共同脚本のボブ・ゲイルのおかげで、今すぐにはリメイク/リブート作は製作されないという。

ロバート・ゼメキス監督によると、ユニバーサル映画との間に「ロバート・ゼメキスあるいはボブ・ゲイルの同意がないと、映画はリメイクできない」という契約が存在するらしい。ゼメキス監督は「映画はほぼ完璧だった」と考えており、今後再び同シリーズの製作を考えることはないだろう。

「ボブと僕が亡くならないかぎり、実現はありえない。その時が来たらリメイクされるだろう。私にとっては腹立たしいことだ。いい映画であれば、特にね。”『市民ケーン』をリメイクしよう。誰がケーンを演じる?”と言うようなものだよ。なんて愚かで狂ったことだろうか。誰がそんなことするんだ?」と語るゼメキス監督は63歳、ゲイルは64歳。そんな理由から、しばらく『BTTF』のリメイクが実現することはないだろう。

最近でも『ゴーストバスターズ』など、多くの名作がリメイクされているだけに『BTTF』もあり得ない話ではないが、ネット上では

「素晴らしい!このまま手を付けないべきだ」
「リブートすべきではない映画もあるんだよ」
「ハリウッドはクリエイティビティを失い、リメイクに頼っている」
「バック・トゥ・ザ・フューチャー30周年おめでとう!」

と、リブートや続編の製作には反対という意見が大多数のようだ。

【参照リンク】
http://www.break.com/

関連記事リンク(外部サイト)

映画『ブラフマン』箭内道彦監督 もう一度BRAHMANを撮ってくれって言われたら?【後編】
ロッキーが盟友・アポロの息子をプロボクサーに!男気映画『クリード』予告編大公開
映画『セッション』のおっさんに怒られ続ける壁紙を作ってみた
映画『ブラフマン』箭内道彦監督に直撃、BRAHMANとの出会いと関係性とは【前編】
殺人恐竜は映画『ジュラシック・パーク』シリーズで何人殺しまくったか?【動画】

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会