ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

疲れ目だけじゃなかった!身近なスーパーフード「ブルーベリー」の美容&健康パワーとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

疲れ目に効くとされるブルーベリー。じつは、美容にも嬉しいポイントがたくさんあるんです。「StethNews」に掲載されたブルーベリーの効能をまとめた記事には、毎日でも食べたくなるようなこの実の魅力が満載。
ちなみにですが、7月の今が一年で最も美味しい旬な時期ですよ!

数百年前のネイティブアメリカンの時代からブルーベリーは食されてきました。彼らの食習慣を私たちも見習うべきなんです。毎朝1カップ(180g程度)を目安にブルーベリーを食べてみてください。あなたのカラダにこれら4つの恩恵が巡ってきますよ。

01.
血圧を下げて
心臓病や動脈硬化を予防

フロリダ州立大学の専門家が行った研究によると、毎日カップ一杯のブルーベリーを食べると、血圧を低下させ、心血管疾患や動脈硬化を予防する効果が見られました。また、研究では8週間に渡って、少なくとも22gの冷凍ドライブルーベリーパウダーを摂取した閉経後の女性は、最大血圧が平均で5.1%下がりました。これは、ブルーベリーが血管や動脈を拡張させる酸化窒素の生成を約70%ほど増加させたことが影響していると、研究者は考えているようです。

02.
脂肪の生成を抑え
肥満予防にも!

スペイン・バスク大学の研究チームが、アメリカの農務省のサポートを得て、プテロスチルベンと呼ばれるフェノール化合物の効果についての研究を行いました。プテロスチルベンは、ぶどうやラズベリー、クランベリーなどベリー類に含まれる抗がん性物質レスベラトウルと同様に、ブルーベリーにも含まれています。この成分には、脂肪の生成を抑える働きがあることが、ラットを用いた臨床実験で判明。これにより、ブルーベリーは肥満や2型糖尿病や肥満予防のための、ひとつの解決策となりそうです。

03.
抗酸化力が強く
細胞の酸化を防げる

すべてのフルーツや野菜の中で、ブルーベリーは最高ランクの抗酸化物質を含んだ食物だと言えます。抗真菌性および抗ウイルス特性で知られるポリフェノールを含んでいるのです。抗酸化物質として、体内で活性酵素の働きを抑える効果が期待できます。つまり肌の老化を予防できるということ。若いうちから加齢を早めたり、慢性的な病気の原因となる、フリーラジカルによるダメージをコントロールし、防ぐことができます。

04.
細胞に必要なビタミン群が
肌を美しく保ってくれる

加齢の目立ったサインのひとつは肌のシワ。皮膚に弾力を与えるコラーゲンの生成が衰えていくると、シワが発生する仕組みです。誰だって、年を重ねていけば自然に起こることです。でもブルーベリーには、肌の酸化を防ぐだけでなく、細胞が必要とする豊富なビタミンC、Eを含んでいます。皮膚へのダメージを予防するだけでなく、皮膚繊維の質を高め、コラーゲンのパフォーマンス自体を高める作用も期待できますよ。

これだけでも十分、美容と健康に役立つブルーベリーの効果が分かりますが、さらに調べればスーパーフードと呼ばれるゆえんが他にも。例えば女性の健康サポートサイト「Woman Fitness」では、こんなブルーベリーの効能を紹介しています。

便秘改善にも効果アリ!

ぽっこりお腹でお悩みの方には朗報。ブルーベリーに含まれる食物繊維はフルーツの中でもダントツNo.1、バナナの2,5倍とも言われています。胃で消化されずに腸まで届く不溶性食物繊維と、コレステロールの吸収を抑える、水溶性の食物繊維の両方を兼ね備えているのがこの果実。腸まで届いて便を柔らかくする性質があるんです。

もちろん疲れ目にも

もはやこれは周知の事実、ブルーベリーに含まれるアントシアニンという色素。これは、視神経の働きを促す効果があります。パソコンやスマホの画面を見続けることで、網膜の中心にある黄斑部がブルーライトの影響で劣化損傷していきます。かすみ目の原因と言われているのがこれ。アントシアニンは損傷した黄斑部の再生に働きかけるため、眼精疲労にブルーベリーがいいとされているのです。

それにしても、毎朝1カップって、意識して食べてもかなりの量ですよね。フレッシュなブルーベリーだけでなく、冷凍ものも上手く取り入れながら実践してみましょう。
食べた方だっていろいろ。スムージーにしたり、ヨーグルトにトッピングしたり、パンケーキの生地に混ぜて焼いてもOK。最近では、「ブルーベリー狩り」を楽しむこともできますよ。

Reference : Woman Fitness
Licensed material used with permission by StethNews

関連記事リンク(外部サイト)

凍らせるだけで美容効果UP!冷凍フルーツを使った「スムージー」レシピ
【捨てちゃダメ!】 レモンの皮に秘められた驚きの美容効果8選。
究極のデトックスパワーは凍らせて引き出す!「冷凍レモン」は乳がん予防にも?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP