ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その「ちょい足し」無意味だけど? 3つの間違いアピール

DATE:
  • ガジェット通信を≫


気になる男性ができたら、少しでも自分をよく見せて心を奪いたい!
その気持ちから、メイク、ヘア、ファッションに気合いを入れがち……。でも男性は、すっぴん風メイク、黒髪ストレートなど、ナチュラルなほうが好きなのは、周知の事実です。
では、言葉や行動はどうでしょう? 「付け足したもの」が好きではない男性に、余計な「付け足し」で間違ったアピールをしているかもしれません。

褒め言葉

「Aさんって物知りですね! Bさんなんか、いつもふざけてばっかりなのに(笑)」

この場合、目当てのAさんを持ち上げているように見えますが、言われた男性はあまりいい気分になりません。
これだと、Bさんとはふざけあえる関係だとわかるし、「ふざけてばかり=おもしろい」と褒めているようにも感じます。
男性は、女性から「一番」「初めて」などと言われるのが好きで、そのために努力します。でもそのわりに自信がないので、「ほかの男性はどうか」は話題に出さないほうがいいのです。

誘いかた

「週末のBBQ、A君とB君は行くんだよね? あ、Cさんもどうですか?」

気になる彼を誘いたいとき、断られることを想定してこんな誘いかたをしてしまいがちですが、男性からすると「自分がついで」だと感じて乗り気にならないのです。
男性は、女性のように「察する能力」が高くないので、「どうですか?ってことは来てほしいのかな」とはならず、「A君とB君とBBQをする」という言葉そのものを受け取ってしまいます。
ダメージを受けたくないからといって、回りくどい言いかたは止めて、素直に直球で誘いましょう。

渡しかた

「どうぞ(ぎゅっ)」

物を渡すとき、何か拾ってあげたときなどに、「どうぞ」と同時に手を握るようにそえる。コンビニでおつりをもらうときに、たまにやられるアレです。
アピールのつもりで付け足したとしても、思いやりのつもりでそえていたとしても、男性は、ドキドキはするけど「簡単に触ってくるなんて男慣れしてるな」と感じます。
勘違いされたくなければ、不必要な「付け足し」には注意しましょう。
男性は、メイクやヘアだけでなく、言動も「付け足したもの」が好きではありません。むしろ、遠回しに遠回しに伝えてきて「察してよ」という女性は苦手です。
ストレートに褒める、一緒に行きたいから誘う、好意は色気より笑顔で伝えるなど、わかりやすい言動ほど、男性には刺さります。
怖がらずに、等身大の自分で勝負していきましょう。
Vintage photo image via Shutterstock
(ブリトニー安江)


(グリッティ)記事関連リンク
白トップスにスカートの #受け身な女じゃいられない
同棲中の彼氏を、自分の虜にさせる方法
ドライブデートのライバルはカーナビ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。