ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スッキリ!!で存在感薄い上重アナ 番組での振舞い方を識者提案

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スポンサー企業の創業者から1億7000万円もの巨額融資を受けていたという問題が発覚するも、事実上お咎めなしのまま朝の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)に出演し続ける上重聡アナウンサー(35)。週刊誌報道のあった4月2日に簡単な謝罪こそあったものの、疑惑の真相についてはあやふやなまま。この3か月間、共同MCを務める加藤浩次(46)の隣で借りてきた猫のように大人しくしている上重アナの姿に、違和感を覚える視聴者も少なくないだろう。

 同番組をウォッチするライターの仁科友里さんも、本人やその周囲の出演者たちへの影響を心配する。

「本来であれば、スキャンダル発覚後に降板させるべきでしたが、完全にタイミングを逃しました。今はほとんどいる意味がない状態になってしまっています。本人もつらいでしょうし、周りもやりづらそうに見えます。番組で何かしらの不祥事を取り上げても、上重アナ本人がまだきちんと謝罪できていないので上重アナに話を振りづらい。加藤さんは時折、騒動を想起させるようなことをチクリと言うことがありますが、本当はもっと言いたいことがあるように見えますね」

 加藤の意味深なツッコミに対しては、引きつり笑いを浮かべるのがやっとの上重アナ。そのたびに、スタジオは微妙な空気に包まれてしまう。降板のタイミングを逸したのであれば、今後番組でどのように振る舞えばいいのか。仁科さんはこう提案する。

「加藤さんにチクリと言われた時に、ニヤニヤと笑うのではなく、その都度『すみません!』と、過剰なくらいに謝ったほうがいいでしょう。いまだに問題の“億ション”に住み続けているとの報道もあり、本当に反省しているのか、と思っている人も多いと思います」

 仁科さんはさらに、上重アナに対する女性視聴者の印象が悪くなっていると指摘する。

「お金にダラシない男というのは、女性が一番嫌うタイプです。情報番組には生活に密着するトピックが欠かせませんが、女性はお金に関して敏感なので、情報を伝える側がグレーな状態では何を言っても反感を買うだけです。騒動を笑いに変えようとしても全く面白くありません。3月に降板したテリー伊藤さんは濃いキャラのため好き嫌いの問題がありましたが、上重アナの場合はちょっと次元が違います。茶髪から黒髪にイメチェンしましたが、そういう行為も女性には姑息に見えてしまいます」

 では、反省の気持ちが伝わるまでロケ中心に切り替えるというのはどうだろうか。スタジオのように、微妙な空気に包まれることもないし、体を張ることだってできる。しかし仁科さんは、「ロケでもスタジオでも変わらない」という。たとえば上重アナが食レポをして「おいしい!」と言っても、「もっといいもの食べているんじゃないの?」と思われかねないからだ。上重アナに求められているのはやはり、もう一度、きちっと誠意ある謝罪をすることだと仁科さんは言う。

「しっかりと謝ったら、一回休んで、スポーツ実況などを地道にやっていけばいいと思います。もともとスポーツマンですから、そこで頑張ればいい仕事ができるはずです。謝罪と一緒に、何か苦しいことをして番組の企画にする方法だってあります。たとえば、100キロマラソンに挑戦するとか、そんな手もあると思います。それぐらいのことをしないと、視聴者はもはや納得してくれない状況になってきていると思います」

 引きつり笑顔をいつまでも見せられるのは視聴者としてもつらい。今回の騒動では局側の対応にも避難が集中しているが、上重アナのためにも視聴者のためにも、何かしらの変化を期待したい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日テレ上重アナ ABCマートと特別な関係疑われる素地あった
上重アナ問題に元フジ長谷川豊氏「自分律する高い意識必要」
朝の情報番組「パン女子アナ」勢揃い『めざまし』が依然横綱

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP