ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛子さま 佳子さまのような格好したいと主張も雅子さまが反対

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“同伴登校”に“山中湖校外学習同行”など、かつては“母子密着”といわれた皇太子妃雅子さま(51才)と愛子さま(13才)の母娘関係。しかし、いまではこのおふたりも、互いの意見で対立されることもあるという。

「いま愛子さまはファッションに大変興味を持たれているそうです。かつて同じヘアスタイルを真似されたことがあったように、愛子さまにとって秋篠宮家次女・佳子さまは憧れの存在です。

 ですから、愛子さまは“佳子さまのような格好がしたい”と主張されることもあるようなんですが、雅子さまがNGを出されたそうです。思春期の女の子らしいお気持ちなんでしょうが、お立場を考えると雅子さまもたやすく受け入れることは難しかったのでしょう」(東宮職関係者)

 とはいえ、雅子さまと愛子さまの絆は以前と何ら変わらず固いままだ。

「この春、学習院女子中等科では、魔法瓶にスープを入れて持って行き、お弁当の時間に食べるというのが流行っていたそうです。愛子さまもスープを持参されていたようなんですが、そのスープの中身は“今日は○○にしよう”などと、日々、雅子さまに相談されていたみたいですよ」(前出・東宮職関係者)

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
愛子さま 学習院文化祭で「声優・アイドルのなり方」を熟読
愛子さま 6年生になり管弦楽やバスケ、放送委員として活躍
英語セミナー通われる愛子さま「トッシー」の愛称で呼ばれる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP