ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平原綾香の父・平原まこと氏 さだまさしは「とにかく自然児」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビューして41年のさだまさし(63才)。『精霊流し』や『秋桜』『関白宣言』など、数限りない代表曲を作り出してきたヒットメーカーは、今や小説家やテレビ番組のMCとしても大活躍。そんなさだの素顔について、プライベートで交流のあるアーティスト仲間、サックス奏者で平原綾香(31才)の父でもある平原まこと(63才)が、とっておきの「さだエピソード」を語る。

 * * *
 まっさんとの出会いは『夏・長崎から』のステージで。かれこれ30年以上のつきあいになります。正確には、長崎の町をお互い鼻を垂らして走り回っていた時代を考えると、55年以上になるかな。

 彼は、“おれは鼻を垂らしておらん! 垂らしとったのはお前じゃなかね~!”と言いそうだけどね(笑い)。

 彼はとにかく自然児。生き方はまさに“まさし流”。彼が持ってる詩島に行った時は、まっさんがロケット花火を素手で持って発射していた。普通は危ないので地面に刺したり、ビンに刺したりして打ち上げるんだけど、昔の長崎のガキはこうだった。あの時はさすがに興奮したけど。ほんと、ガキの頃を忘れていないヤツだと思うよ。

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
早稲田大学さだまさし研究会 楽曲に登場の地探訪が主な活動
元準ミス日本が長崎の皿うどん味「ソースドロップス」を紹介
人気のNHK「生さだ」 ハガキ投稿はさだまさしがすべてチェック

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP