ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“Use before” 山谷佑介 Yusuke Yamatani

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

山谷佑介は1985年新潟生まれ、現在東京を拠点に活動している写真家である。写真スタジオに勤務した後、移住した長崎で出 会った東松照明や無名の写真家たちとの交流を通して写真を学び、作家としての活動を開始。これまで、ミラノのスクワッ ト、東南アジアのパンクスなど、国内外の様々なアンダーグラウンド・コミュニティに自身を溶け込ませ、生活を共にし、 遊びながら、そこにある日常を、彼自身が現代に生きるアウトサイ ダーの一員としての繊細な視点で撮影しつづけている。同時に、ライブハウスやクラブの床に原寸大の床写真を貼り、アルコールや靴の跡などが残された写真シリーズを発表 するなど、ストレートなスナップ写真だけでなく、様々な方法で写真を試みている注目の作家だ。

本展覧会「Use before」は、2008年に生産を終了したポラロイド社のポラロイドフィルムで撮影された作品。今回山谷は、有効期限を何年も過ぎたポラロイドフィルムで、 山谷自身がドラムを務めるパンクバンド、”NEIGHBORS”のライブ会場に集うバンドマンや友人たちのポートレートを撮影した。そして、それぞれのポラロイドには被写体となった人々の誕生日がスタンプされている。 有効期限の切れたポラロイドフィルムは、経年劣化により現像ムラや端欠け、感度の低下や上昇、カラーバランスの崩れを起こす。今回の作品も、顔がほぼ認識出来ない程にフィルムが劣化している。 山谷が十代の頃から音楽や様々な文化を通して抱いていたという、自身の嗜好と時代とのズレ。自分がいつの時代に生きているのかがわからない、という浮遊感。
有効期限が切れたフィルムと、一見時代に取り残されたかのような若者たちの姿。 本作では、変化を続け止めることのできない時間の流れの中で、時代と個人との狭間を生きる人々を写し出している。

Use before

山谷佑介 Yusuke Yamatani

東京

7/10(FRI)-7/12(SUN) open 13:00-20:00

place: ギャラリー山谷
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング311

tel:090-4837-3766

mail:photophobia.y@gmail.com

大阪

7/24(FRI)-8/2(SUN) open 13:00-20:00 close 7/29(WED)

7/25(SAT)18:00-20:00 オープニングレセプション

7/26(SUN)15:00-16:30 アーティストトーク

place: Pulp

〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-14-103

tel:090-7767-3926

mail:pulp.space.gallery@gmail.com

web:http://pulpspace.org/

※出版レーベル”A0”より、本シリーズのZINEが出版されている。

http://www.a0000.net 

 

山谷 佑介/Yusuke Yamatani

1985年新潟生まれ。立正大学文学部哲学科卒業後、外苑スタジオに勤務。その後、移住した長崎で出会った写真家・東松照明や無名 の写真家との交流を通して写真を学ぶ。2013年、自費出版した写真集『Tsugi no yoru e』が国内外で好評を得て即完売となる。近年で は京都国際写真祭への参加や、NYでの個展など活動の幅を広げている。写真集に『Tsugi no yoru e(2nd ver)』(YUKA TSURUNO GALLERY)、 『ground』(lemon books)がある。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP