ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マンゴーが万能ドレッシングに!?「18キロ減量」に成功した栄養士のとっておきレシピ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
150703_mangodressing

アメリカ人栄養士のOsha Key氏は、18キロの減量記録を綴った自著で一躍有名になった女性。以来、“ダイエットに直結する”彼女のライフスタイルメソッドに注目する女性は、増えるいっぽうだとか。
ヘルシーフードレシピも彼女の得意分野。今回「mindbodygreen」で紹介しているのはマンゴーを使ったドレッシング。もちろん、ノンオイルですよ。

shutterstock_193825016

どんなサラダでも、ドレッシングに何を選ぶか如何で、味がとっても良くなれば、その逆もあり得ます。お店で買ってくるドレッシングも美味しいものはたくさんあります。でも、砂糖が入っていたり、過剰な塩分、トランス脂肪酸、それに化学調味料が含まれているものも少なくありません。

いいニュースをあなたに。自宅でつくる手作りドレッシングは、ぜんぜん難しいことなんてありません。だけど注意が必要なのは、自家製ドレッシングでも油を多用するレシピもあります。もし、オイルフリーで低脂肪のドレッシングをお望みなら、間違いなくこの「マンゴードレッシング」がおすすめ!

RawMangoDressing

<材料>4人前
マンゴー(完熟のもの):1個
ライムの搾り汁:1/2個分
フレッシュバジルの葉:2束
生姜:15g
ニンニク:15g
クローブ:適量
塩:適量
コショウ:適量

<作り方>
①マンゴーの種を取り一口大にカットする。材料をフードプロセッサーにかける。塩、コショウは味をみて後から入れる。
②お好みのサラダにかければ、完成。

「ドレッシングにマンゴー?」と意外に思ったのでは?じつは日本でも、宮崎県を代表するマンゴーの原産地では、爽やかな風味や独特の甘みをドレッシングに活かした商品が、いくつかあるんです。マンゴーには、肌の潤いを保つビタミンAやCはもちろん、老化予防にも効果を発揮する、βカロチンが多く含まれています。
そうそう、フードプロセッサーがなくたって大丈夫。大きめにカットしたマンゴーをおろし金ですりおろしたり、熟し過ぎていたら、ジュースだけ絞ってもOKです。暑さで食欲が落ちてきたときは、このドレッシングを試してみませんか?

Licensed material used with permission by becomethebestofyou

関連記事リンク(外部サイト)

レモン絞りも、無駄なく一瞬で!今すぐできる、料理ハック8選
なぜ、365日アボカドを食べるべきなのか?米医学博士が語る「5つの理由」
メキシコ料理を家めし風にアレンジ。簡単「チリコンカン」は、ふたつのスパイスが決め手!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。