ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長谷川ニイナ、憎まれて注目!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「学校にいるときはみんなと同じ感覚なんですが、お仕事のときに『高1です』というと、驚かれることが多いですね。私服OKな学校なので、今日はこの格好で登校してきました」

【もっと大きな画像や図表を見る】

放課後にインタビューに応えてくれた長谷川ニイナちゃんは、カナダ人お父さんと日本人お母さんのハーフ。パッと見、20歳前後と言われたら信じてしまいそうなほど大人びた印象だ。しかしこうやって話をしてみると、あどけなさを残す元気な15歳そのもの。

「先週は高校入って初めての中間テストで、もう点数も出たんですが、いろいろやらかしちゃいまして。高校最初だからカンタンかなと思っていたら、当てが外れました。特に苦手な数学が…。もっと勉強しないとなって、危機感を覚えています…!」

ちなみに英語は当然(?)のことながら得意だとか。さてがんばるのは勉学のみならず。夏に所属事務所である研音が主催する大イベント「音夏祭」が控えているのだ。

「みんなで歌ったり、握手会もあったりと、すごく楽しみです。今回、私は長谷川里桃ちゃんとアイドルデュオ『NiiMo』を結成してパフォーマンスをします。歌ってダンスをするんですが、私はダンスがすごく苦手で…。どうしても手足が一緒に動かないんです。一個直すと一個できなくなる感じというか」

さらに演技も。出演する女の子同士でお芝居をやるのだとか。

「私はけっこう幼い感じの役です。ドラマでの演技経験はあるのですが、舞台はほとんど初めてです。緊張しますね」

でもそんなことを言ってはいられない。なにせ7月17日からTBS系列でスタートするドラマ『表参道高校合唱部』に出演が決まったのだから。

「相原ほのかといういじめっ子役で出るんです。“学校カースト”の中でトップに位置していて、合唱好きで田舎から出てきた主人公(芳根京子演じる香川真琴)を虐めぬく憎たらしい役なんですよ。視聴者のみなさんに嫌われたら成功だと思っています。負けず嫌いな性格を使って、とことんギラギラしたいなって」
(吉州正行)
(R25編集部)

長谷川ニイナ、憎まれて注目!?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

バックナンバーはコチラ!
国民的美少女がひれ伏した相手は…
平愛梨「呪怨」主演で心霊体験の怪
おのののか、呪怨新作で背骨が…!
鈴木あきえの元気さは高校時代に…

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP