ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豪華5つ星ホテルが全額OFFに!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


本格的な夏の訪れを前に、海外旅行の予定を立てている人も多いはず。今年は夏休みの後に、9月の“シルバーウィーク”(最大9連休!)も控えており、海外旅行にはうってつけだ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

ただ、この時期の海外旅行となると、どうしても避けられないのが費用の問題。できれば宿泊費や航空券代は安く抑え、現地での食事や観光にお金を掛けたいもの。少しでもお得なプランやチケットを探して旅行予約サイトを比較したり、現地ホテルのサイトを調べたりという手間を惜しむわけにはいかない――それが従来の“常識”だったといえるかもしれない。

しかし、この6月から、そんな「バラバラ選び」の常識を覆すプランが登場した。旅行予約サイトのエクスペディアが開始した「AIR+割」は、航空券とホテルの両方を予約するとホテル代が最大全額OFFになるという破格のサービスだ。たとえば、バラバラに予約すると「航空券10万円」+「ホテル代6万円」の合計16万円になるところが、「AIR+割」で予約すると「航空券+ホテル代」が10万円にディスカウントされることになる。にわかに信じがたいサービスだが、けっして採算度外視というわけではないという。実態を取材した。

「『AIR+割』は単純にホテル代が0円になっているわけではなく、実際には航空会社とホテル両者の割引で成立しています。単体でディスカウントするとブランドイメージが崩れるおそれがあるため、双方が割引をすることによって、それぞれの割引率(額)を伏せているわけです。これは航空券とホテルの両方を扱っているエクスペディアだからこそできる割引システムといえます」

しかし、気になる点がひとつ。実際に旅行の計画を立てる際は、目的地を決めて航空券だけ先に予約してから、後でゆっくりホテルを決めたい、という場合もあるだろう。この「AIR+割」は“同時予約”でないと適用されないのだろうか?…と思って尋ねてみたところ、そうではなかった。

そんなケースに備えて、「AIR+割」では、「同時予約」と「後から予約」の2つのパターンを用意。最大の割引率が適用されるのは「同時予約」だが、「後から予約」でも航空券の予約後10日以内なら限定割引価格でホテルの予約ができる。ただし、両者はそれぞれ微妙に適用条件が異なるという。

「『同時予約』は割引額が最大な分、1都市・1ホテルにしか適用されません。ひとつの都市に滞在する場合やリゾート(長期)滞在の旅行にオススメといえます。有名な5つ星ホテルの宿泊代金も、最大で全額OFFになります。一方、『後から予約』は10日以内であれば、航空券の目的地以外の国や地域でも割引価格で予約できます。複数都市での滞在や、周遊型旅行にオススメ。キャンセル手数料無料のホテルも選べるので、急な予定変更にも『後から予約』は安心です」

これからの旅行シーズンはもちろん、ビジネスマンなら出張でもおトクに使えそうな「AIR+割」。自分の旅行プランに合わせて、もっともお得な使い方を探ってみては?
(R25編集部)

豪華5つ星ホテルが全額OFFに!?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

急な海外格安旅行を狙えるアプリ
航空券「予約手数料」0円にする術
「月イチ有休もOK」上司が8割弱
海外旅行のお伴!スマホ盗難防止グッズ5選
若手男性8割「一人旅に抵抗なし」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP