ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

病院の待ち時間を有効に!スマホに待合番号を表示する待望のサービス「Sma-pa」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

病院に対する不満で、真っ先にあがるのが“待ち時間の長さ”。

1時間待ちは当たり前。一度出向けば半日、場合によっては1日がかりになることもある。

一番つらいのは、その間身動きがとれないこと。順番が来るまで、ひたすら待合室で耐えていなければならない。

そうした状況を改善するために生まれたのが、「Sma-pa(スマパ)」である。病院の待合室にいなくても、スマホやタブレット上に番号が表示されるという、ユーザー待望のサービスだ。

・カフェやレストラン、好きな場所で順番待ち

利用にあたって、面倒な手続きは必要なし。手持ちの端末に、アプリをインストールするだけで済む。

メールアドレスの登録も、不要。名前の呼び出しもなく、個人情報に配慮した設計がなされている。

「Sma-pa」を使えば、患者はカフェやレストランなど、好きな場所で順番待ちができる。インフォメーションは、リアルタイムで表示されるため、自分の番が近くなったら、病院へ戻ればいい。

・患者と病院、双方にメリット

これは、病院側にとっても、大きなメリットだ。問い合わせや、待合対応の負担を軽減する他、院全体の評判アップにもつながるからだ。

患者と病院、双方に利益をもたらすこのシステム。7月1日にリリースされたばかりなので、本格的な展開はこれから。医療を受ける側としては、多くの機関が導入してくれることを願う。

Sma-pa(アルメックスホームページ)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。