ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ帰国後のアイツは変わったのか -留学で身につく3つの力-

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Satoko Nishiyama Fujioka「7月の雪におおはしゃぎした後は、1200メートル以上の断崖絶壁に囲まれたミルフォードサウンドへの航海を

留学の目的は「語学力」の向上。
おそらく、ほとんどの人がそのようなイメージを持っているのではないでしょうか。確かに、語学力が身につくというのも留学の大きな魅力ですが、留学には、それ以上の価値があります。

そこで、今回は、世界53カ国に拠点を持っている世界最大級の私立教育機関、EF Education First(以下、EF)の調査結果をもとに、留学で身につく3つの力を紹介します。

①行動力

EFの調査によると、留学経験をした80%近くの大学生が「行動力に自信がついた」と回答しています。知り合いが全くいない環境で何かを始めたいときは、自分でアクションを起こし、協力者を募っていくしかありません。特に海外の場合、誰かが救いの手を差し伸べてくれる機会がより少ないでしょう。慣れない外国語を使って自分から一歩踏み出す経験が、彼らの自信につながるのだと思います。

②決断力

決断力も留学経験で身につく能力の一つです。日本人同士の会話では、あいまいな表現で、その場をやり過ごすことができるかもしれませんが、海外では、自分の意思をしっかり示す必要があります。また、滞在期間が決まっている留学だからこそ、留学期間を満喫するために、一つ一つをしっかりジャッジするようになることも、自然と決断力が培われていく理由になっているのかもしれません。

③忍耐力

海外での生活は、言葉が通じないストレスだけでなく、時に習慣や文化の違いに対してのストレスも発生します。飲食店や交通機関の利用時など、日本では当たり前だと思っていたことが、通用せずにイライラするときも珍しくありません。ただ、それを何度も経験することで、自然とその国の文化や習慣、そしてその相手を受け入れることができ、柔軟な対応ができるようになっていくのです。

皆さんの周りにも、留学して少したくましくなって帰ってきた友人がいるのではないでしょうか? もしかすると今の自分に自信がなかったり、将来の不安を感じている人にとって、留学は「自分を変えるため」の有効な方法なのかもしれませんね。

クレジット:世界最大級の私立教育機関、EF Education First

(ライター名:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける)

Photo by: Satoko Nishiyama Fujioka「7月の雪におおはしゃぎした後は、1200メートル以上の断崖絶壁に囲まれたミルフォードサウンドへの航海を

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP