ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

習近平主席の地方視察で地元住民が直訴も護衛がすぐに口封じ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の習近平国家主席が6月中旬、貴州省遵義市を視察中、地元の女性が「習近平主席、助けてください」と悲鳴に近い大声で、何ごとかを直訴しようとしていたところ、群衆に紛れ込んでいたボディガードが即座に女性に近づき、手で女性の口を封じて黙らせていたことが分かった。

 習氏は、この視察で民衆に「私とあなたたちは同郷のようなもの。生活のことでも、何でも言ってほしい」と親しげに話していたが習氏の態度はあくまでも政治上のポーズであることが図らずも明らかになってしまった。これは中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」の書き込みで分かったもの。

 習氏一行はマイクロバスで移動しており、バスが停車すると、すぐ近くにいた女性が先述のような行動に出た。

 すると、この声を聞きつけた短髪で白のワイシャツ姿の屈強な男性がダッシュして女性に近づき、すぐに手で猿ぐつわをするようにして、やはり駆けつけて来た他の男性と一緒にそのまま人がいない場所に女性を引っ張っていった。

 この間、わずか10秒ほどで、男性たちはかなりの訓練を積んだボディガードとみられる。

 習氏が視察する際、事前に視察場所にボディガードを派遣し、群衆の紛れ込ませることは、よく知られているが、微博によって、取締りの現場が再現されたのは初めてとみられる。

 党機関紙「人民日報」は習氏が別の視察場所で、民衆に対して、「政治はどうですか。あなたたちが泣いているか、あるいは笑っているかで、政治の状態が良く分かります。私はあなたたちを同じ故郷の人と思っています。生活のことでも、言いたいことがあれば、何でも言ってください」と愛想笑いをするなど親しげに話しかけていた。

 ところが、実際に習氏に直訴しようとした女性が現れると、ボディガードに取り押さえられるなど、言っていることと、やっていることとがまったく正反対であることがはっきりとした。

 このため、ネット上では「習近平が視察で語りかけている人々は、当局が手配したサクラが大半だ。しかも、群衆のなかにボディガードを紛れ込ませて、民衆を取り締まるなど、まったくひどい。習近平の笑顔は全くの作り笑いで、演技でありニセ物だ」などと手厳しい批判が書き込まれている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
習近平主席 5重の警護態勢敷き関係者200人以上入れ替えも
ホイットニー急死で『ボディガード』レンタル数10~20倍に
都会に慣れた習近平氏の娘 父が過ごした田舎の村視察拒否

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP