ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

照英 コラ画像制作に感謝しつつも「面白いと思ったことない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 身長180cmを超える長身と鍛え上げたられた体を持つ、芸能界きってのアスリートタレントであり、情に厚く涙もろい事でも知られる、タレント・照英(41才)。ネット界ではもっとも愛されている人物のひとりだ。「照英が〇〇してる画像ください」というスレッドが頻繁に立ち、コラ画像は今やネットの定番ネタのひとつになっている。自身のネット界での人気について本人に分析を求めると、意外な答えが…。さらに、芸能活動の転機についても聞いた。

――幅広く活躍されている照英さんですが、芸能活動での転機はなんでしょう?

照英:20代のときは役者業が楽しくて。役者で一生食べていくんだろうな、って思っていたのが32才まで。国民的番組の『水戸黄門』(TBS系)を6年間やらせてもらっていて、自分の意思で辞めさせていただいたんです。それが、照英というキャラクターを引き上げる、いいきっかけになったんです。

――おやめになったのは、なぜ?

照英:ひとつは結婚ですね。妻と結婚したのが30才のときで、京都と東京を行ったり来たりしていたんです。時代劇をやっていると、月曜日から金曜日まで拘束されるんですね。東京で妻と一緒に暮らし始めて、週の半分以上家にいない。なんのために結婚したんだろうと考え始めていた時期で。このまま役者をしていたら、たぶん結婚した意味もわからなくなるし、家に帰る機会もなくなるんじゃないかって。

――芸能人の方に多い、“すれ違い”というやつですね。

照英:それじゃ困るので、結婚を機に東京に拠点を移してみようと思って、時代劇の仕事をそこでやめました。映画の主演の話もきていたけど、でもそれをやっていたら多分、家に帰れなくなるんじゃないかなって。

 妻とは自分の人生が変わるかもしれないと思って結婚したので、「よし、人生変えてみよう」って、役者業をいったんストップすることにした。そうして東京に移った途端、子育て番組の『すくすく子育て』(NHK)や『天才てれびくん』(NHK)の司会の仕事が入ってきて、東京の仕事が多くなってきたんです。

 その頃は、ちょうど育メンブームの少し前だったんです。自分が子育ての仕事の方向に進んで、子育て面白いですよ、楽しいですよと言っている間に、育メンブームになってきて。つるの剛士さんだったり杉浦太陽さんだったり、自分も含めですけど、みんなで育メンブームを盛り上げられて良かったなって思っています。

――役者業をいったんすべてやめるというのは、勇気がいったんじゃないですか?

照英:すごく怖かったですよ。そこにしがみついていれば、食いっぱぐれがないわけで。毎月定ある程度のお金が入ってきて、コマーシャルも決まる、大阪にもレギュラーがあるという生活だったので。

――収入が減ったのでは?

照英:いえ、それから収入は数倍に増えたんです。すっごく増えました。コマーシャルもバンバン入ってきて。パパキャラでバラエティーの仕事もくるし、旅番組からドキュメンタリーも入ってくる。収入がゼロになるんじゃないかって怖くて震えたけど、飛び込む勇気があってよかったなって。あのままいっていたら、役者で埋もれていたかもしれない。

 言うのはタダだから言っちゃいますけど、もしかしたら映画で主演を張って、いい映画で海外に出て行って、ハリウッドに進出していてたかもしれない。体を鍛えて、ハリウッドにもいきたいなって今は夢を持っているんですけどね。

――ところで、ネットの世界でもコラ画像とか、照英さんをよくお見かけしますね。

照英:それもひとつの転機ですよね。自分がネットを知らなかったから、なんですかそれ、ということから発生したものが大きくなっていったんですよね。知らない部分を教えてくれたことに関しては、ネット界の皆様には「ありがとうございました」という言葉をかけたいです。自分の画像がいじくられていて、そこから派生して、ゲーム業界の仕事をさせてもらったりもした。仕事につながってるんですよね。

――ネットでは、自分のどのあたりがウケていると思いますか?

照英:全然わからないですね。自分のコラ画像を見て、笑ったことがないんですよ。コラ画像とか作ってくれる人に、面白さがわからないと伝えてほしいですね。2、3年前にブームになった時に、なにが面白いのかさっぱりわからなかったんですよ。

 今、ブームは終わりましたから、今でも作ってる人には、コラを作る時間で他の好きなことやったほうがいいですよ、と言いたいですね。裏を返せば、それくらいぼくのことが好きなら、とことんやってほしいなというのはありますけど。ぼくのこと、好きならですよ(笑い)。止める権限はないですから。

 ただ守ってほしいのは、パブリシティー権とか著作権、肖像権というのがあって、それは法律に触れることなので。楽しんでやってほしいけど、権利の問題があるから、そこは守ってやってほしいなって思います。

――ツイッターとかフェイスブックをやる気はないんですか?

照英:やってみたい! マネジャーがよくやっていて、やってみたいと思うんだけど、ラインですらやってないからね。あ、ラインやってないんですけど、今度、ぼくのラインスタンプが出るんですけどね(笑い)。

 パソコンをパチパチやっている人間ではないので。ツイッターもフェイスブックもやり方がわからない。誰かが教えてくれるなら、すっごく使いたいです。

――ラインもやってないんですね。奥様も?

照英:女房もやってない。パソコン開いてないもんね。スケジュールをプリントするためだけにパソコンがある、うちは。ネット社会にないね、アナログですよ。本当に申し訳ないけど、光回線もないからね。

――自分の評判をネットで検索したりとかは?

照英:ないない。ネットニュースは見ますけど、自分を検索してとかは。その余裕がないですね。

――ブログはどういう時にするんですか? 拝見すると写真中心ですよね。

照英:ブログは自分のため。最近、載せてるのは、何々県どこどこ市に行ってる、ってことだけですね。自分が忘れたくないんですよね。昔は日記だから、好き勝手なことを載せ続けていたんですよね。最初は見てくれてるユーザーさんに対して発信しようとしていたんですよ。そうすると、頑張りすぎちゃってね。何のために書いてるんだろうって。

 ブログって、継続する日記だと思うんです。だから、続けることに価値があるんじゃないかなと思って、最近は“ロケをどこどこでやってます”というだけにしてます。するとテレビのディレクターさんが、“照英は○○市には行ったことがあるのか。じゃ、別の場所に行ってもらう企画にしよう”ってなるじゃないですか。ぼくなりにネットを賢く使わせてもらってますよ。

【照英(しょうえい)】
1974年4月4日生まれ。埼玉県出身。学生時代は陸上競技・やり投げの選手として活躍。卒業後、ファッションモデルに転身し、ジョルジオ・アルマーニなどのショーに出演する。その後はテレビにフィールドを広げ、熱血キャラと頑丈な肉体を生かし、『筋肉番付』(TBS系)などの体を張ったバラエティーをはじめ、ドラマや旅番組、育児情報番組のMCなど、タレント・俳優として幅広く活躍している。7月初旬、オリジナルラインスタンプがクリエイターズスタンプで発売予定。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
口コミ評価に過敏な飲食店 「ネットに書くな」「写真撮るな」
大桃美代子 「シリコン怖いがヒアルロン酸なら」と整形に興味
息子に「ババア、いい加減にしろ」とキレられるネトゲ廃人主婦

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP