ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長&西原理恵子氏「緊急地震速報を松岡修造の声に」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。近頃、箱根山で噴火警戒レベルが引き上げられたり、小笠原沖で大きな地震があったりなどと、なんとも不安になるような自然現象が続いているということで、パートナーの漫画家・西原理恵子さんも交えて、防災についてお話を訊きました。

 * * *
──東日本大震災以来、日本国内での防災の意識が高まっていますが、またここ最近は火山の噴火や大きな地震、大雨なども発生し、災害対策の必要性が囁かれています。高須院長は、日頃から防災のために心がけていることはありますか?

高須:高須病院(注:高須院長が理事を務める愛知県西尾市の『社団福祉会 高須病院』)は備蓄してるけど、僕個人は、そういうことはしてないね。

──そうなんですか?

高須:何十億年という地球の歴史の中では、地殻が揺れ動きまくった時期もあっただろうし、気候だってもっと厳しい時期がほとんどだったわけでしょ。そう考えると、人間っていうのは運がいい時に生まれた生物なんだと思う。もちろん災害は怖いし、悲しいものだけど、住みやすい時代に生まれたことに感謝するのも重要だと思うね。だから、「災害が起きてしまったらもう仕方ない」って開き直ってる部分があるんだよ。

西原:お年寄りだったら開き直ってもいいけど、小さい子供がいる家庭だと、そうはいかないよ。ちょっとでも備蓄をしておいて、それで10日間でも生き延びられたら、だいぶ違うから。簡単に開き直っちゃうもんじゃないって。

高須:前に大きな地震があった時、僕はちょうど年配の女性の手術中だったんだけど、ただ事ではない揺れだったから「手術を中断しましょうか?」って訊いたら、「続けてください」って。そのまま手術したもん。

西原:戦争を知ってる人と、あがっちゃった女性は怖いものがないから。

高須:確かにそうだ(笑い)。

──でも、以前、震災後も美容整形の患者さんは減らなかったとおっしゃってましたよね。

高須:そうなんだよ。特に中高年の女性は全然減らなかったね。やっぱり怖いものがないのかな。あとはやっぱり日本の街は地震に強いっていうのもあるんだと思うよ。被害が大きいのは地震ではなく、火災と津波だから。高須病院では、津波が来た時の避難訓練はよくやってるね。

 東京の高須クリニックはとりあえず地震だけならそんなに怖くない。もし、このビルが倒壊したならば、もう周辺は全部ダメなくらいの大きな揺れだろうからね。あと、名古屋にいる時も安心してるよ。住んでいるのがログハウスだから。小さい犬小屋に住んでりゃ大丈夫だよ(笑い)。寺院みたいな、大きくて木造の建築物は危ないかもしれないけどね。

──そういう意味では、日本は耐震構造がしっかりしている建物が多いから、ある程度大丈夫という部分もあるかもしれないですね。

高須:もちろん、政府が対策しているからっていうこともあるんだけど、それもどこまでが正しいのかっていう問題もあると思う。だって、姉歯建築士のマンション耐震偽装事件があったでしょ。「大きな地震がきたら大変なことになる」なんて言われてたけど、まあ大丈夫だったわけじゃない。東洋ゴムの免震ゴム偽装問題だって、どんなもんかわからないよ。国は危機感を煽っているだけかもしれない、っていう疑問はあるけどね。

──耐震構造によっては、地震の時にむしろ揺れるというケースも多いですよね。

高須:だから、ビルの中の人はどうなってもいいから、建物だけを守ろうっていう考え方なんじゃないの? ビルが大丈夫でも、中で家具なんかが倒れてきて下敷きになっちゃうってのは嫌だねえ。

 でもやっぱり、地震よりも火事と津波が怖いね。備蓄するのも重要だけど、住んでいる家が燃えやすいのか、海に近いのか、津波が来たらどこに逃げるかちゃんとわかっているか、っていうことのほうが重要。地震については、とりあえず建物の下敷きにならなければ、どうにか生きていけるっていう漫然とした自信があるんだよね。

──余談ですが、大きな地震の場合、携帯電話の緊急地震速報が流れるじゃないですか。あの音にドキッとしてしまうんですよね。心臓の悪い人なんかにはよくないような気もして…。

高須:車に乗ってる時に鳴ったら、すごく驚くし、怖いよね。特に高速道路で鳴ったら冷静な判断ができなくなっちゃう気がする。

西原:緊急地震速報は音がよくない。だから、松岡修造の声とかにすればいいと思う。適度にビビらせて、適度に安心させるっていう(笑い)。

高須:それはいいね! 多少和むくらいのほうが、無駄な事故も起きないだろうし。

 * * *
 個人的には特に災害に対する備蓄を行っていないという高須院長だが、火災や津波の恐ろしさについては、強く指摘していた。院長が言うように、自宅の耐火性や津波発生時の避難場所の確保だけは、しっかりとしておくべきだろう。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須院長 恋人の西原理恵子さんには整形も脂肪吸引も許さず
高須克弥&西原理恵子が2人揃って熱愛宣言 すでに交際2年

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP