ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Facebookがメジャーレーベル3社と協議、音楽ビジネスに食指

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

Facebookがメジャーレーベル3社と協議、音楽ビジネスへの関心示す

Facebookはソニーミュージック、ユニバーサルミュージック、ワーナーミュージックのメジャーレーベル3社と会談し、音楽ビジネスに関心があることを伝えたとThe Vergeがレポートしています。

情報ソースの話では、Facebookとメジャーレーベルの協議は初期段階で、現段階で決定していることは何も無いとのこと。Facebookがどのように関わるかについては、まだ未定だそうです。

Facebookの音楽ビジネスへの関心(もしくは参入)が何を意味するのか、さまざまな推測が生まれていますが、Facebook Videoと関連する「ユニーク」なアプローチを検討しているのでは、と伝えられています。

音楽と動画といえば、これまではYouTubeが圧倒的な地位を占めてきました。しかし、近年は定額制音楽ストリーミングサービス「Tidal」がプラットフォームでエクスクルーシブの動画を配信するなど、新しい流れが生まれています。さらに先日始まった「Apple Music」もエクスクルーシブなコンテンツでプラットフォームにユーザーを引き込もうとするなど、ファンにもクリエイターにも魅力的なプラットフォームであるためにサービス側も動いています。

Facebookは早い段階からSpotifyと提携を始めるなど、音楽サービスとの関係を続けてきました。Facebookの元社長ショーン・パーカーは、定額制音楽ストリーミングサービス「Spotify」の取締役を初期から務めていることや、Spotifyが動画サービスを立ち上げたことも少ながらず関係するかもしれません。

■記事元http://jaykogami.com/2015/07/11645.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。